家事をしない夫

夫が考える家事やりたくないランキング

一口に家事といってもいろんな家事がありますよね。
その中でも、これはやってもいいかなー、これは絶対やりたくない!
と家事によっても違ってくると思います。

 

そこで!とてもとても個人的な視点から見た
夫がやりたくない家事ランキングを考えてみました。
まずはいろいろな角度から家事を分析した表がこちらです!

 

※それぞれの列で並び替えが出来るようになっています

 

難易度

熟練が必要  ★★★
2,3回すれば出来る ★★☆
誰でも出来る    ★☆☆

モチベーション

好きな人もいる A
出来ればやりたくない B
絶対やりたくない C

 

これらを総合して栄えあるやりたくない家事No1の座に輝いたのはー

 

 

「片づけ」です!
まずモチベーションがCという事で、片づけには創造性を全く感じません!
ドストエフスキーが書いた「地下室の手記」に土に穴を掘って埋める
ただこれだけを毎日毎日行うという拷問が書いてありましたがそれと同じ
気持ちになってしまいます。
そして時間が15分と書いていますが、しまってある場所を把握していないので
まずどこにしまえばいいかを探す事から始めないといけないので余計時間が
かかってしまう事にも。。

 

逆にやってみてもいいかなーと思う家事のNo1「風呂掃除」でした。
こちらもクリエイティブな感じはしませんが、短時間でさっと出来るのと
誰でも出来る所がいいですね!

 

とはいえ、帰宅時間や個人の趣向もあるので一概には言えませんが
夫に家事を振る時の参考にしてみて下さい!

夫に育児をしてもらう方法

夫に家事をやってもらおう 育児編です。

私にはまだ子どもがいませんが、夫が育児をする家庭と
夫が育児に興味がない家庭にはある違いがある事を発見しました

まずこの動画を見て下さい

http://www.youtube.com/watch?v=VYVK6OcZJ50

デレデレですね。

それでは育児パパを育てる方法を見てみましょう。

 

下準備

育児をする夫の特徴

 

それは

 

子どもに好かれているという事です!

 

毎日パパ好きーと言われる⇒子どもが大好きになる⇒どんどん愛着が湧く
⇒目に入れても痛くなくなる⇒子どものためならなんでもやる

 

という構図です。
なーんだ当たり前じゃないか。そんな夫だったら苦労しないわ

 

と思ったあなた

子どもの前で夫の悪口を言ったりしていませんか?
子どもばかりに目が言って夫を無視していませんか?

 

それは夫を育児から引き離している大きな原因になっていますよ!

 

子どもに夫の悪口を言う⇒パパ嫌いと言われる⇒どうせお前は俺よりママが好きなんだろ
⇒好きにすればいいさ⇒俺も好きな事するさ

 

という悪循環が起きているかもしれませんよ!

 

つまり、育児をしてもらうには子どもの前で夫を褒めまくる

 

「パパはxxの仕事をしていて、うちのヒーローなんだよー」
「今度パパが来たら好きーって抱き着いたらパパ喜ぶよー」
「パパはxxの事が大好きなんだよー」

 

とあることない事子供にパパかっこいいという印象をつけましょう!
ママよりもパパを先に覚えてもらうと、育児パパになる確率はドンと上がります。

 

家事依頼

ここまで下準備が出来ていれば、パパは子ども大好き!
どんな事でもやってくれるでしょう!

 

サポート

こんなにパパ好きになってしまうと、自分が寂しいと思うかもしれませんが
子どもと一緒にいる時間は奥さんの方が絶対的に多いのです。
理想はママもパパも大好きという状態ですね!

 

本当にこの事は大事です。
これから子どもが大きくなって、いろんな問題も出てくるとしても
夫は一緒になって率先して子どもの将来の事を考えてくれるでしょう。

 

習慣化

とはいえ、仕事も遅くに帰ってくるような夫だと育児が出来る時間も限られてますよね
お風呂に入れて欲しくてもかえってくるまで待っている事も出来ないし
そんな夫には「子どもの写真付きメール」が効果的です。

ふきだしつくーる2
子どものかわいい写真に「待ってるよ」とか「早く会いたいな」とか
入っている写真だったら、普通のメールより10倍家に帰りたくなること間違いなし!

有料ですが可愛いデザインがおすすめのアプリです。

 

ふきだしツクール(有料¥85

ふきだしつくーる

夫に洗濯をしてもらう方法

洗濯とは、トライアスロンである。

 

いきなりなんのこっちゃい!と思うかもしれませんが
本当にそうなんです。

 

ジャブジャブ水で洗うように洗濯物が泳いで
マラソンのように乾くまで辛抱し
自転車のようにパパッと畳んでタンスにGO。

 

ほら、トライアスロンでしょ。(笑)

 

そんな前置きはおいておいて夫に洗濯をしてもらう方法を
考えてみたのでご参考までお願いします。

 

下準備

洗濯には「洗う」「干す」「たたんでしまう」と大きく分けて3つの
行程がありますね。この中で夫にやってもらうべきものは。。。

 

干す」です!
トライアスロンで言えばマラソンです!

 

その理由とは

 

一番簡単に出来る
「洗う」は一緒に洗っていい物、ダメな物や洗剤の量など
最初にやるには覚える事が多くなります
「たたんでしまう」については、どこにしまったらいいか
分からなかったり、変な所にしまわれると大変です
「干す」なら最初にコツだけ覚えれば誰でもできます。

 

その割にこの「干す」という作業が苦手な奥さんが多いとの事なので
ちょうど良いのかもしれませんね。

 

家事依頼

まず「干す」のをお願いするのはのどちらがよいでしょうか

 

答えはです。

 

朝はバタバタしているし、起きれないので長続きしません。
夜であればこういうお願いの仕方がかなり効くと思います。

 

「ごはん待ってる間にビール飲みながら洗濯物干して欲しいな」

 

言わずもがなビール飲みながら、というのがポイントです
夫からすれば、ちょっとしたご褒美が一緒になっているので
洗濯物を干しているのにもかからわらず、ちょっとしたお得感を感じるでしょう。

 

サポート

洗濯物を干した事がない夫の事ですから、何もしないとシワシワだらけで
出来上がっちゃうこと間違い無しです。
最初は一緒に干すのをサポートしてあげましょう。
ポイントはどんな干し方をしてもしわ出来にくい仕組みを作る事だと思います。

 

そのポイントとは

 

・「洗う」ときに脱水時間を短くする
・洗濯器からカゴに出す時にバサッバサッと一度振る

 

です。
「マラソン」ランナーにタスキを渡す前に「水泳」でカバーできる所は
カバーしてあげましょう!

 

習慣化

洗濯物を少しでも楽しくするために
オリジナルの柔軟剤を作る事をお勧めします!

 

お手軽オリジナル柔軟剤の作り方

材料
重層 200ml
アロマオイル 数滴

作り方

 1.重層をタッパーに入れてアロマを垂らす
 2.蓋をして振ってなじませる
 3.そのまま3日ほど寝かせて完成!

これを洗濯の時に洗剤と一緒に入れれば
アロマの香りが洗濯物について癒される事間違いなし

夫に好きなアロマを選んでもらうのもいいですね

夫に食器洗いをしてもらう方法

夫に家事を手伝ってもらう方法 食器洗い編です。

まずはこちらの動画をご覧ください。

http://www.youtube.com/watch?v=J0706Z3y7P0

 

はい、こんな晩酌最高です。

 

食器洗いと言えば何を連想するでしょうか?

飲食店のアルバイト?手荒れ?
いえいえ、考え方次第では食器洗いは立派な趣味になるのです。

 

それでは夫に食器洗いをしてもらう方法行ってみましょう!

 

下準備

結論から言いますと、夫にバーテンダーになってもらいます!
近くのBARに一度二人で出かけてみて下さい。
素敵な雰囲気を感じて、今度家でもBARをやってみようよ!と提案します。

 

家事依頼

「最初は私がやるね」
と言いながら、お酒を作ったりグラス、食器を磨いたり
動画の菅野美穂のようなバーテンダーになりきって下さい

 

これをしてもらって嬉しくない夫はまず、いません
少しお酒も進んで来たら

 

「私も飲みたいな、次はあなたがこっち側をやってみて」

 

と自然に促してみて下さい。

この「バーテンダーごっこ」が皿洗いをしてもらうのにはすごく重要なのです。

 

まず夫がキッチンに立つという事に慣れてもらうという効果があります。
また、バーテンダーになりきることで夫婦とは違う
お客役とお店側という新しい役割が出来て、新鮮な会話が生まれます。

 

新しい事をお願いする際には変化を起こすためのきっかけが必要です。
この「バーテンダーごっこ」はその変化を起こすためのきっかけになるのです。

 

サポート

最初はこの遊びをしている時だけ皿洗いをお願いしましょう。
そしてこの一言

 

「あなたが洗うとお皿が綺麗なんだけど、すごいね」
「今日は私がごはん作るから、あなたが食器洗ってくれない」

 

これです
間違いなく、夫の洗う食器はあなたより綺麗な分けがありません。
むしろ汚れが残っていて汚いかもしれません。

 

でも不思議な事に、綺麗に洗えてるね。隅々までピカピカだね
と褒められていると、もっときれいにしようという気持ちが湧いてくるのです。

 

そこで注意することは

 

「ここが汚れているからやり直して」
とか
「もっとこう洗ったら綺麗になるよ」

 

というアドバイスは絶対してはいけません
そうなると「やらされてる感」が出て来て、じゃあお前がやればとなってしまいます。

 

最初は汚くてあたりまえ、数をこなしていくことで食器洗いは誰でも上達するのです。

 

習慣化

皿洗いが負担に感じると、続かなくなってしまいます。
最初は週に1回週末に洗ってくれるだけでよしとして夫が皿洗いに
慣れてきたところを見計らって、徐々に皿洗いの回数を増やしていきます。

 

そうすると途中で、もう嫌だ!となると思いますので
待ってました!と言わんばかりに、ここで食洗器の話を持ち出しましょう。

 

食器洗いの大変さが身に染みたからこそ首を横には振らないと思います。
食洗器を買えばまた楽になるので、更に夫も食器洗いを手伝ってくれるでしょう。
一緒に楽しむ楽しませるという気持ちを忘れなければ
食器洗いも一つのエンターテイメントになるかもしれませんね!

夫にごはんを作ってもら方法

夫に家事を手伝ってもらう方法 ごはん編です。

まずこの動画を見て下さい

http://www.youtube.com/watch?v=2zVTliiglFk

 

どうですか?こんな食卓がめちゃくちゃ憧れます。

 

それはさておき、毎日のレシピを考えるのって大変ですよね。
面倒くさいと思う家事ランキング」では
料理が堂々の一位だそうです。

 

しかし!

 

楽しいと思う家事」「やりがいのある家事」でも
料理は上位というとっても不思議な家事。

 

そんな料理を夫にやってもらうための方法を考えてみました。

 

下準備

料理の楽しい所を全面に押し出していきましょう!

いきなり本格的な料理をつくるというとしり込みしてしまう
可能性があります。最初はお酒の「おつまみ」を作って
もらうことを目標にしましょう。

 

家事依頼

最初の動画でも出てきた通り、お酒と料理と奥さん
という組み合わせに夫は弱いです。
まず、一緒に買い物に行ったときに

 

「今日は一緒にお酒を飲みたいな」
「お酒に合う男のおつまみを今日は作ってくれない?」

 

こんな風にお願いされたら、よし!おいしいおつまみ
つくっちゃるぞー!とその気になります。

 

でもそもそも料理をしたことが無い人はおつまみも作れないでしょう
そんな人でも大丈夫、男が料理を作りたくなるグッズを紹介します。

 

男の料理雑誌

本屋に行けば、男が作る料理雑誌が沢山おいてあります。
買い物のついでに本屋に寄って、夫に選んでもらいましょう。
あくまで夫に選ばせるのが大事

 

アプリでおつまみ

スマホが好きな夫なら、こんなアプリもあるよって紹介してみましょう!

おつまみ横丁(無料

おつまみ横丁

 

 

サポート

最初はおつまみを作ってもらうだけで十分と考えましょう。
一緒にお酒を飲みながら

 

「すごく上手だね!」
「絶対才能あるよ!あなたの作った料理も食べてみたいわ」

 

なんて言われたら、顔では表しませんが
今まで料理なんて作ってなかったけど、俺って才能あるのかな
と天狗になること間違いなし。

 

ポイントは、料理を好きになってもらう事
料理を作るのって楽しい喜んでもらえる!と思える事です。

 

自分で料理を作るようになると、妻が作ってくれる料理にも興味を
持つことに繋がり、その大変さも理解できるようになるので
いつもの料理に感謝される事に繋がります

 

これで週末だけでも料理をするようになればしめたものです。

 

習慣化

これはわが家で妻が実践中ですがごはんづくりで飽きさせないコツ
をご紹介します。

 

それは「発表の場」を用意するという事です。
例えば週末に友達を呼んで飲み会をしたときに、夫に料理を作ってもらいます。
男は社会的な承認欲求があるので、妻以外からもおいしいと褒められる事で
モチベーションが上がります。

 

また作った料理をおいしそうな写真として撮り「今日の夫飯」のように
FaceBookなどのSNSで公開する事も有効です。
沢山のイイネ!が押されれが、もっと、もっとと次も作りたくなるでしょう。

 

ちなみにスマホをお持ちの方はこんなアプリもおすすめです

 

ごちカメ!(¥85

ごちカメ!-アイコン

 

 

 

”夫婦は、わけもなく すばらしい。”

 

こんな事言える夫婦になりたいですね!

夫にゴミ出しをしてもらう方法

夫に家事を手伝ってもらう方法 ゴミ出し編です。

 

朝は特に時間がないですよね。
ごはんを作って弁当を作って、男の私には分かりませんが
お化粧にも時間がかかりますよね!

 

そんな中でせめて朝のゴミ出しぐらいはやってもらいたいもの。

でも世の中を見てみるとゴミ出しをしてくれる夫は
全体の3割しかいないそうです。

 

そんな夫にゴミ出しをやってもらうための方法を考えてみました。

 

下準備

前日にゴミをまとめて玄関に置いておきます。
玄関でなくても夫が出勤する際に必ず通る場所に
ゴミを置いておくことが大事です。

 

家事依頼

「ゴミをまとめて捨てておいて」というよりも
「昨日ゴミをまとめて玄関に置いておいたから、出すだけでいいからお願い」
といった方が夫にゴミを捨ててもらいやすくなります。
心理学的にこれを「フット・イン・ザ・ドア・テクニック」といって
最初に簡単なお願いを聞くと、それ以降に徐々に大きな要求も受け入れて
くれやすくなります。

 

サポート

ここでゴミを出してくれた事を褒めます。褒めて欲しいです
でも自分は他の家事もしているのに何でこれしきで褒めないといけないの
と思う方もいると思います。がここは我慢です。
これが習慣化された後の事を想像してがんばりましょう。

 

褒めるときは自分じゃなくて、近所の〇〇さんが
「ゴミ出ししてくれるなんて素敵な旦那さんね」って言っていたと伝えましょう。

男は社会的なステータスを気にするので、自分が知らないご近所さんから
褒められていると知ったら嬉しくない人はいないでしょう。

 

ゴミ出しをしてくれるようになったら次は、ゴミをまとめるのを
一緒に手伝ってもらいます。

ただし何曜日が何のゴミだなんて知らないのでゴミ箱や見える所に
曜日と出せるゴミの表を張っておいて視覚的にわかるように工夫しましょう。

 

習慣化

一度やったとしても、そのままでは間違いなく三日坊主でやらなくなります。
ここから習慣化するための仕組みを考えなくてはいけません。
かといって毎回人を変えて近所の人から褒められるなんてのも無理

そこでこの言葉
「ごめんねーいつも大変じゃない?」

こんな言葉もいいです
「いつもありがとう、大変だったら今日は私がやろっか?」

 

これには気遣いの意味と、夫からすると男のプライドが邪魔をして
「大変だよ」とは言えないという2重の効果があるのです。

 

それでも、やらなくなってしまう事もあるかもしれませんが
焦りは禁物、イライラして逆効果です。
家事をやってもらうにはじっくりゆっくりねちっこく、諦めないで続ける事が大事ですよ!

夫に家事をしてもらう方法

夫に家事を手伝ってもらいたい!

 

専業主婦で家事は私の仕事!という古き良き日本の文化を
受け継いだ奥さん以外はほとんど思っている事ではないでしょうか?

 

ダメ夫代表からすると、家事なんて絶対やらない!
なんて思ってはいないんです。

 

いや本当ですよ

じゃあなんで世のダメ夫は家事をしないのか?

それにはいくつか理由があるのです。

 

1.家事が楽だと思っている

これは実家暮らしで家事は母親が全部やってくれていた
夫がこのように考えます。
当たり前のようにごはんも出てくるし、掃除も洗濯も
知らないうちに終わっている
母親も子どもに対して家事の愚痴を言ったりしないので
夫はそれを知る由もありません。

 

2.家事が出来ない

1番と同じですが、実家で母親が家事をすべてやって
くれていたので自分で家事をやった事がありません。
料理の作り方なんて当たり前で、お風呂の掃除だって
やり方が分かりません

 

3.家事を女性のものだと思っている

このタイプは一人暮らしなどで自分で家事をやった経験はあるけれど
実家では母親がずっと家事をしているのでそれが当たり前
男はその分外でお金を稼ぐものだと考えています

 

4.家事が面倒臭い

自分で家事も出来るし、男も家事をする必要があると知っては
いるものの仕事で遅くに帰ってきたり疲れていたりで
見て見ぬふりをしているタイプです。

 

いかがですか?当てはまりそうなのがありますか?

ちなみに私は4のタイプです。一番悪い奴ですね

 

そんな悪い私の視点で、夫が家事をするにはどうしたら
いいのだろうか?という事を真剣に考えてみました。

 

いつもゴミを捨てて来て!掃除して!と言っても
しぶしぶやっていたり、やったとしても結果が酷かったり
そんな経験はありませんか?

 

夫に家事をしてもらうには

 

十分な下準備をして

納得できる形で家事を依頼して

正しくできているかサポートして

家事をすることが習慣化する

 

というステップが必要になると思います。
面倒くさいですね。でも実はこれ会社の新人社員に
仕事を教えるのと同じなんですね。。

 

下準備

夫にやってもらう前に一度家事の内容を見直してみましょう。
もっと工夫できたり効率化出来る事はないでしょうか。
意外と独自のやり方になってしまい職人のように、自分しか
できないやり方になっているかもしれません。
誰がやっても出来るくらい分かりやすくしておくと
ダメな夫でも理解しやすくなりますよ。

 

家事の依頼

だいたいのダメ夫は普通にお願いしただけでは言う事を聞きません。
お願いするタイミングお願いの仕方、夫のメリットなど
それぞれの家事で考える必要があります。

 

サポート

実際に夫がやってくれてもまだ安心はできません。
一度伝えただけでは十分に理解していることは稀です。
繰り返しやり方を伝える必要がありますし、一緒にやってみて
正しいやり方を見てもらう必要があります。
ここで気を付けないといけないのが、出来ない事を叱らないことです。
あなたのがまん次第でこの後の夫が家事を続けてくれるかが決まりますよ

 

習慣化する

夫が一人で家事が出来るようになっても、一度やって終わりじゃ
今までの苦労が水の泡ですね。
夫が家事を習慣化するように工夫していきましょう。

 

夫に家事をさせるのではれば
あなたはマネージャー(管理職)になる必要があるのです。
最初は大変ですが、夫がダメ社員になって一生苦労するか
今頑張ってエリート社員になってバリバリ家事をしてもらうか
少し考えればどっちがいいかは決まっていますね

 

具体的な家事についてはこちらをチェック!

夫に買い物をしてもらう方法

夫にゴミ出しをしてもらう方法

夫にごはんを作ってもら方法

夫に食器洗いをしてもらう方法

夫に洗濯をしてもらう方法

夫に育児をしてもらう方法

夫が使ってみたい便利な家電

家事って本当にやることが多くて複雑ですよね。
もっと簡単だったり、やることがシンプルならお手伝いできるのにー

 

わが家で今もっとも欲しいと言われているもの
これを買ったらわが家の家事に革命が起こるんじゃないか
と思うのどから手がでる家電を紹介します。

 

わが家で欲しい家電 No1

それは食洗器です。
私は料理を作るのはそれほど嫌いではありません。
なぜならクリエイティブだから。
作った人によって差が出てくる、だから面白いし
美味しい料理を作ってみようというモチベーションも湧きます。

 

だけど食べた後のお片付けって
ただただ事務的に汚れた食器を洗って
洗った食器を拭いて、食器棚にしまう。
とっても単調な作業の上に手は荒れるし
一日何度も洗わないといけないし。

 

そのため一人暮らしをしている時は
洗わなくてよいお弁当を買って食べてばかりいた記憶があります。

 

そこで欲しいのが食洗器です。
食洗器は汚れた食器をしまって置ける
そして開けたらきれいな食器が出てくる便利な食器棚だと思います。

 

わが家はそんなに食器が多いわけではないので
いつも使う食器は限られているんです。

だから食器をそのまま食洗器に入れて、ボタンをおしたら
次の食事はそのままそこから取り出せるというすごい革命が起きるのです。

 

最近の物は鍋なんかも洗えて手で洗うよりもきれい落ちる見たいですし
手洗いをするよりも水道代を抑えられるので年間で9450円お得という情報もあります。

 

食器洗い乾燥機は本当に節約になるのか
http://allabout.co.jp/gm/gc/3777/

 

エコで便利なこの家電めちゃくちゃ欲しいです。

 

わが家で欲しい家電 No2

続いて欲しい家電は洗濯乾燥機です。
こいつがいてくれれば今まで

 

洗って⇒取り出して⇒干して⇒取り込んで⇒たたんで⇒しまう

という作業が

洗って⇒取り込んで⇒たたんで⇒しまう

 

だけで終わってしまうのです。
今日着た服が明日も着れちゃうのです。
下着なんて今まで沢山持っていたのも半分で済みます。

 

私は洗濯ものを干すのがとても面倒だと思います。
あの絡み合った服も靴下も下着もごっちゃごちゃに
一緒になったパズルを紐解いて、洗濯バサミに取り付けていく作業。
あと濡れたものを触るのって本来人間は生理的に嫌ななんですね。

 

あぁうちに洗濯乾燥機があったらなぁと思います。
発売当初に比べて、最近は値段もお手頃になっているとの事。
これならわが家でも購入できそうだな。

 

わが家で欲しい家電 No3

自動掃除機です。
あんなおもちゃみたいなので本当にきれいになるの?
とずっと思っていたのですが、最近友人の家に行ったときに
見てしまったんですね。奴のすごさを

 

ほら、動き出したよといって自動掃除機が掃除を始めました
時間になると買ってに掃除して、勝手に戻ってきて自分で充電
するみたいです。わお

 

こうなると本当に掃除をするロボット、家事が出来る分身のようなもの
自分が寝てたり外に出かけている間に勝手に家を掃除してくれる
なんて、私が生まれて来た時に未来だった話がここまできているんですね
もうちょっと安くなってきたら購入を検討しようと思います。


 

家電ってもともと主婦の家事の大変さをなんとかしてあげたいという
純粋な思いから生まれてきた物なんですね。
松下かどこかのCMで見たような気がします。
安いものじゃないからなかなか買えないけれど
最近の家電はどんなのがあるのかなとチェックしてみるといいと思います。

夫が使ってみたい家事代行サービス

こんにちは
先週から妻の体調が思わしくないようで
代わりに家事を担当しているダメ夫です。

 

いつもはゴミ出しくらいはするのですが実際に家事をして感じた事

 

こりゃしんどいわ

 

一口に家事といっても掃除、洗濯、料理。
しかも料理は一日3回ですよ。

 

妻も働いているので、仕事が終わってからこの作業をしかも毎日365日
やっていると思うとめちゃくちゃ大変だったんだろうなと。

 

ダメですね。いつも家事は大変大変と言っていたけれど
えーなにがそんなに大変なの?と良くわかっていなかったんですが
いざ自分がやってみて初めてわかるんですね。大変さが

 

家事ってなんでこんなに大変なんだろう。
せめて週に1回くらいは誰かにお願いできないだろうか?

 

時間と快適を買うという発想

近年の核家族化で夫婦共働きの家庭が多くなってきています。
そんな中で専業主婦と同等の家事をこなすなんて体が持ちません
という奥様が増えているのは確かに納得です。

 

そこでいろいろと調べてみた所、最近は
家事代行サービス」というのが流行っているようです。

 

家事代行というと「高収入の人がお願いするもの」
「家事をさぼっているようで嫌」というイメージがあるのですが
1週間に2時間だけ家事をしてもらうというような使い方も出来るようになって
利用するのにだいぶ敷居が下がっています

 

どんな事をやってくれるのかな?ちょっと興味が湧いてきました。

 

家事代行サービスの内容

掃除機がけ、雑巾がけ、お風呂掃除、トイレ掃除などの掃除から
片づけ、料理、買い物、食器洗い、洗濯、窓ふきなど
いつもやっている家事を代行してもらえます。
自分なら掃除機がけと、雑巾がけと、、って全部やってもらいたいわ!
でも特に整理整頓が苦手なので片づけを重点的にお願いしたいな

 

家事代行サービスの相場

それじゃ家事代行サービスっていくらするんですか!
と調べてみると相場は1時間で2000円~3000円でした。
これに交通費が別途1000円ほどかかる所が多いようです。

 

大阪ガスの調べによると家事に妥当な時給は1139円~!
との事なのでやっぱり自分でするよりはお金がかかりますね。

 

お金を取るか快適を取るか

共働きしているのでもちろんなるべく節約したい。に決まってます。
でも毎日の家事で疲れてしまって、体調を崩してしまったり
仕事にもやる気がだせなくなってしまっていては長期的に見て
余計な出費がかさみ、節約にならないかもしれません。
と、今の妻を見ていて思いました。

 

とはいえ月に3万円前後のお金を払って家事をやってもらうって
やっぱり高い気がするなぁ。
※3万円は週に1回2時間ほどお願いした時の値段です。

 

テレビでも特集されてました

テレビ東京「日経スペシャル カンブリア宮殿」で
がんばる女性を応援したい!「家事代行ビジネス」の全貌!
というテーマで特集されていました。
その中で主婦の方が言われていたのが

 

・平日忙しくて家事ができず、せっかくの休日が家事で
終わってしまいクタクタっていう状態から解放された

 

・仕事・家事・育児で、休む暇もない毎日。
平日は汚れがたまっていく部屋にイライラし、
休日はどちらが家事をするかで夫婦ゲンカもしばしば。
週に1度のサービスを利用することで、心の余裕を保ち
笑顔で夫や子供と向き合えるようになった

 

などなど、きっとそうなんだろうなぁと思う事が言われていて
一度試してみようかなと思いました。

 

まずはお試しプランで

ちょうどテレビでやっている家事代行サービスの会社が
お試しプランという一回ぽっきりのサービスをやっていたので
一度使ってみようと思います!

 

家事代行サービス ベアーズ

デラックスプラン 初回トライアル価格 4980/2.5H(別途交通費900円)

 

[0002]家事代行サービス資料新規登録

 

 

家事に疲れ果てて本当にボロボロになってしまうまえに
一度利用してみるのアリですよ!



夫に買い物をしてもらう方法

夫に家事をしてもらう 買い物編です。

買い出しってすごく面倒な家事のうちの一つだと思います。

 

まず一度買い出しに行くと2時間はかかってしまいます。
しかも大体買い出しにいくのは休日なのでお店も混んでるんですよね
せっかくの貴重な休日なのでのんびり本でも読んでいたり
どこかに遊びにいったりしたいのに。

 

そして一週間分の買い出しをする分けなので
荷物が重い。水やお米なんて買ったときには買い物から帰って
きただけで一気に疲れて何もする気が起きなくなってしまいます。

 

少し離れたスーパーだと歩きではいけないので
バスや車で行くことに。。

 

となると交通費も余計にかかってしまうしもーー
誰か代わりに買い物してくれればいいのに!と思ってしまいます。
そんな楽したい思いからいろいろ調べてみるとすごく便利なものが
あるじゃないですか!

 

毎週買い物を届けてくれるパルシステム

そうです。あの牛のキャラクターのCMとかに良く出てくるあれです。
テレビで見ているときはなんのCMなんだろーって思っていたのですが
ちゃんと調べてみると注文した食材を家まで送ってくれる所でした。

 

つまり宅配サービスですね。

 

今までそんなものを使おうとも思っていなかったのですが
最近の宅配サービスはすごいんです。

 

ネットで注文、毎週自宅にお届け

今まで毎週毎週、貴重なお休みの時間を削って買い出しに
いっていた事を全部代わりにやってくれます!
こちらがする事はカタログを見て欲しいものにチェックするだけ
今までの面倒を考えると担当の方にいつもありがとう!
と握手したくなっちゃいます。

 

それに不在の時にも専用の箱に入れて玄関に置いてくれるので
週末でも時間を気にせず自由に過ごせるんです。

 

安心の食材

近年はおいしい安いだけでは良い食材とは言えなっていますね。
農薬や組み換え遺伝子を使った野菜や、基準を満たしていない海外の肉など
また3.11以降の放射能汚染に対する危機など。

 

より一層食に対する安全を気にしなくてはいけない社会になっています。
パルシステムはネットスーパーの中でも食材の安全性に力をいれているのが特徴。
農薬や化学調味料に頼らない食材、放射能濃度についても
乳幼児の食品としても安全な厳しい基準を満たしているものしか扱っていません。

 

産地直送の野菜や肉

産直です。産地直送で届きます。
スーパーなどに一度卸されてからの配達ではないので
野菜も肉も鮮度が高いまま宅配してもらえるのが嬉しいです。
鮮度が高い野菜って本当にみずみずしくて美味しいんですよね

 

パルシステムを使うデメリット

パルシステムのちょっと。。な所もご紹介します。

 

出資金が必要

運営資金として一口1000円~2000円を入会時に払う必要があります。
やめる時にはこの出資金は返還されるようです。
だったら最初からタダにしてくれてもいいのにな

 

配達手数料がかかる

毎週200円前後の配達手数料がかかります。
まぁ自分が買い物に行く交通費と考えればこれくらいはしょうがない。

 

配達エリアは一部地域だけ

パルシステムが配達している地域は関東近辺です。
「東京」「神奈川」「千葉」「埼玉」「茨城」「栃木」「群馬」
「福島」「山梨」「静岡」だけです。
配達地域の拡大もしていって欲しいですね。

 

格安ではない

大手スーパーのように激安!というものはおいてないですね。
いわゆるお手頃価格というやつでしょうか。

 

実際に使った感想です

値段の割に質が良い

有機野菜の宅配業者は値段が高い、逆に大手スーパーの食材は質がいまいち
パルシステムの食材は大手スーパーに比べると若干高めですが
野菜が新鮮でお肉もおいしかったです。この値段でこの品質はお得だと思いました

 

日用雑貨も売っている

使って気づいたのですが、日用品のトイレットペーパーとかティッシュなどの
日用品もまとめて注文が出来るのが嬉しかったです。

 

無駄買いをしなくなった

スーパーにいくとついついやってしまうのが無駄買い。
必要ないお菓子やつまみなどちりも積もれば結構買ってしまっていました。
パルシステムで買うようになってからは必要な物だけを冷静に選べるので
おかげで食費も安くなりました

 

やっぱり時間に余裕が出来た

これが本当に一番うれしい事。
いつも嫌々行っていた買い物に行かなくていい分、休日の時間に余裕が出来ました

 

最後に

宅配サービスって実際に使ってみないと自分に合っているかどうかって分かりません。
知り合いはやっぱりスーパーで実際のものを見ないと買った気がいないからといって
あまり使い勝手が良くなさそうでした。たぶんスーパーで買い物をするのが好きなんだと
思います。

 

もし私と同じように「買い物めんどくさい」「休日のんびりしたい」と思っている
夫がいるのであれば是非一度試してみてください!

資料請求はこちら↓


[0001]ネットスーパー新規申し込み