お互いを知ることが大切!夫がセックスしたくなるフェチ

フェチ」それは性的嗜好の事。
これはなかなか恥ずかしくて、他人に話せないので
自分の中に閉じ込めておくことが殆どです。
それは夫婦の間としても同じ事が言えます。

しかし、そのフェチを妻とのセックスで感じたいのに
言えずに悶々として、現実と自分の嗜好のギャップに
セックスレスになってしまうケースも少なくありません。

オープンにお互いのフェチを夫婦で理解している関係は
いつまでも納得のいくセックスが出来ているという事実もあります。

あなたは夫がどんなフェチを持っているか知っていますか?
フェチをいろいろなカテゴリーに分けて調べてみました。

体のパーツフェチ

巨乳/貧乳

女性の象徴に対するフェチです。
大きければ大きいほどいいという人もいれば
幼児体型のような小さい方がいいという人もいます。

足にフェチを感じる人も多いと言われています。
一言で足といっても「腰からつま先」「股下からかかと」
「かかとからつま先」「足の裏」とそれぞれフェチを
感じる部分に違いはあるようです。

女性器

ここで言うフェチというのは、一般的な入れる時だけでなく
見たり触ったりするのが好きという意味です。
好きな人は特に臭いなどは気にせず、むしろそういう
臭いが好きで顔の上に乗ってもらうのが嬉しいようです。

職業フェチ

ナース/先生/家庭教師/スチュワーデス

この他にも保母さんなどいろいろな職業フェチがあります。
基本的にすべてに共通することは、ありそうで無い
シチュエーションに惹かれるのだと思います。

行為フェチ

SM(男性がM)

人間だれでも本来はSかMのどちらかの性質を持っている
と言われています。しかし一般的に男性がSであるという
風潮が強いためセックスの場合にも男性が責めてしかるべき
という事がMである男性にはギャップを感じるのかもしれません。

オナ〇ー

実はセックスをしている間は、体の一部しか見えていなかったり
で感じている顔や、濡れている女性器をじっくり見てみたい
という気持ちがあります。

痴漢

レイプ物にも通じるものがあるのですが、これはいわゆる
悪いことに対する一種の憧れだと思います。
こういう物が好きな人ほど実際にする勇気はない事が多いです。

年齢フェチ

ロリコン/熟女

こちらもある種の新鮮さを求めるものなのだと思います。
ロリコンが好きな人は、性に対して純粋さを求めており
熟女が好きな人は、母性を求めるマザコンが多いと言います。
可愛いものから、ちょっと引いてしまうようなものまでいろいろありますね。
この他にもアダルトビデオなどでは多種多様なフェチ用の物が売られています。

でも思うのです。
一般的にフェチは「変態」というレッテルを付けられるものなので
フェチを相手に打ち明けるのって、本当に相手を信頼していないと出来ないと。

もちろん、夫のフェチに対してそれは無理!と思う物もあると思います
しかしほとんどの場合は一つだけではなく複数のフェチが共存しているので
数あるフェチの中でも、これならOKと思えるものがあるかもしれません。
また、女性にもフェチはあると思いますので、夫のフェチだけでなく
自分のフェチもカミングアウトしてみるとお互いにとって楽しいエッチになる
だけではなく、信頼関係をも深まる事なのだと思います。

夫のフェチを調べるには聞いてみるのが一番早いですが
恥ずかしくて聞けなかったり、言わない夫が殆どだと思いますので
夫が見ているエッチなビデオを調べるのが良いと思います。

夫がエッチなビデオを隠している場所

第一位 パソコン

インターネットに繋がっているパソコンが家にあるのであれば
パソコンで見ている確率が非常に高いです。
ブラウザの履歴を見れば、ほとんど削除されていないまま残っていると思います。

第二位 レンタルビデオ屋

証拠を残さずに見る。これが代々男に伝わるエッチなビデオの見かたです。
ビデオ屋のレシートがあればタイトルが載っているかもしれません!

第三位 机の中

自分でビデオやDVDを所有している場合は、2つの事を考えた上で隠し場所を決めます。
一つはアクセサビリティ、つまり取り出しやすさです
もう一つはセキュリティ、なるべく目に付かない所に隠します。
妻がめったに見ない場所を探してみましょう。
長くなってしまいましたが、この記事で言いたかった事は1つ
夫は本当は「フェチを打ち明けて、ストレスの無いエッチをしたい」と思っている
俺のフェチを理解してくれるのは妻だけだ。となれば浮気もしなくなって一石二鳥ですね!



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です