マザコンと親孝行の違い

一昔前、母親に対する孝行は社会的にも良いとされていました。
それが今はダメな夫の象徴として言われています。

 

よくマザコン夫が言う「親孝行しちゃいけないっていうのか」というのも
分かる気もしますが、でもいったいマザコンと親孝行の違いは
どこにあるのでしょうか??

 

例を取って親孝行とマザコンのボーダーラインを調べてみました。

 

進路を決める時

マザコン
母親の良いという進路先に決める。
それが最良だと思い疑わない。

親孝行
母親の良いという進路先を参考意見として受け取り
自分の行きたい進路も伝え、必要であれば納得してもらう
ように説得の努力をする。

 

母親と同じ眼鏡を使って物事を見るのか
自分の持っている眼鏡を使って物事を見るのか
ちゃんと自分の考えを持ち自分で判断できるかどうか
ボーダーラインになりそうです。

 

妻と母親がケンカしてる時

マザコン
母親の肩を持ち母親と一緒になって妻を責める

親孝行
両方の意見を聞きつつ、可能な限りどちらも
納得できる形を探そうと努力する。
両方が難しい場合は妻の肩を持つ

 

どちらの気持ちも理解しようとして公平に
出来るだけ広い視野で解決しようと出来るかどうかが
ボーダーラインになりそうです。

 

大きな問題を抱えた時

マザコン
母親にどうしたら良いか判断を仰ぎ
その通りに行動する。もしくは母親に解決してもらう。

親孝行
心配をかけまいと母親には伝えずに
自分だけで解決をしようとする。

 

自分の行動に自分で責任を取れるかどうかが
精神的にも経済的にも自立しているかどうか
ボーダーラインになりそうです。
夫のふとした行動で、この人はマザコンなんじゃないか
と思う方も多いと思いますが、このボーダーラインを見て
親孝行に当てはまるようであれば全然問題はないと思います。

 

もしまだ結婚していない人であれば、ここんとこ要チェックしておきましょう!

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*