メタボな夫のモチベーションを保つコツ

ダイエットをしていて必ずぶつかるのが停滞期
順調に落ちていればいるほど、少しでも体重が増えたり
したときは落ち込みます。。

 

私はあまり我慢強い方ではないのですが
それでも半年間ダイエットを続けられたモチベーション維持の
コツを参考までにご紹介します

 

モチベーションは物理と同じで1から10にするよりも
0から1にする方が何倍もパワーを使います。
なのでモチベーションが0にならないように工夫しました。

 

実現可能な目標にする

1ヶ月で10kg痩せる!!3日間ご飯を食べない!!
などめちゃくちゃ頑張らないと出来ない目標は立てないようにします。
毎日の生活に、ほんの少し、時間にしたら10分以内で出来るくらいに
小さな目標にします

 

具体的な目的を持つ

目標と目的は違います
目標はあくまで目的を達成するための通過点です。
例えば10kg痩せるというのは目標です。
痩せて健康になる。自分に自信を持てるようになるというのは目的です。
目標だけになると、くじけそうになった時に諦めたくなりますが
常に目的を意識できていれば、がんばろうと思えるのです。

 

仲間を探す

一緒にダイエットする仲間でもいいですが、もっとおすすめなのが
ダイエットの記録をインターネットで公開しているサイトを見つける事です
そこには自分と同じようにダイエットで一喜一憂している姿があり
会話をする分けでもないですが、勇気をもらえます
文章には実際に書いている人の人柄も表れるので、自分と合いそうな
サイトがあれば応援のコメントをしてみてもいいと思います!

 

 

ここまではモチベーションを0にしない為に自分が気を付けていた事を書きました。
しかしどうしてもモチベーションが0になってしまう事もあります。
そんな時自分がしていた方法も合わせてご紹介します。

 

まず、ダイエットをやめて3日以上開くともうやる気は戻ってきません。
やる気が無くなってしまってから3日が勝負です!

 

1日目 丸一日ダイエットの事は忘れる

やる気が無いときに一番つらいのは、やらなきゃいけないと思う気持ちと
やれない自分に板挟まれる事です。このストレスが一番つらいです。
こんな時は「今日は一日ダイエットの事はきれいさっぱり忘れる」と宣言して
焼肉に行ったり、飲みに行ったり、自由に過ごします。
この時に罪悪感を感じるのはやめて、むしろここまで頑張ったご褒美だ!
と思っておもいっきり楽しみましょう。

 

2日目 自己啓発を行う

本屋に出かけます。そこには所狭しと自己啓発本が並んでいると思います。
ダイエットに限らず自分をやる気にさせる自己啓発本を一つ選んで買いましょう!
この時、あまり長そうなものではなくさらっと読めるものにしておきます。
そしてそれをカフェにはいって一気に読んでしまいましょう。
カフェから出た時に、また新鮮な気持ちになること間違いなしです。

 

3日目ハードルを思いっきり下げる

さてここでいつものダイエットに戻る前に一回リハビリをしましょう
スポーツジムにいっているのであれば、次の日の予定に入れて手帳に書き込みます
ダイエットクリニックにいっているのであれば、来院の予定を入れます。
ダイエットもいきなり戻すとケガをするので、一度準備運動をしましょう。

 

 

ダイエットが終わった時、うちの本棚には自己啓発本が6冊並んでいました(笑)
でもおかげで半年間のダイエットを続ける事が出来ました。

 

くじけそうになった時にはこの記事の事を思い出して下さいね!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です