あなたも当てはまる?旦那がセックスしてくれない理由(あなた側)7つ

旦那がセックスしてくれない原因は、奥さまにもあります。しかし奥さまからすると、「そんなこと知らなかった」という現実も。どのような原因があるのか知ることで、セックスレスに陥りにくく、良好な夫婦関係も築けるでしょう。参考にしてみて下さいね。

[関連記事]
旦那がセックスに積極的になった経緯をお話します
(当ブログで1番反響の多い人気記事です!)

1.産後のセックスレス

1-1.子育て中心で旦那を拒否するから

2-1

https://pixabay.com/photo-784671/

旦那がセックスしてくれなくなるタイミングで最も多いのは、子どもが生まれてからです。しかし男性は奥さまが妊娠しても、出産しても性欲が変わらずあるという人は多いでしょう。もちろん、男性でも加齢による性欲の減退は少なからずあります。

女性と大きく異なるのは、妊娠や出産に伴うホルモンバランスの変化がないということです。そのため男性としての性欲は常に存在するのが、健康の証なのです。しかし旦那がイザ誘おうとしても、産後は奥さまが子育て中心になってしまうことがほとんどです。

そのため誘ってくる旦那に対し、怖い顔で拒否してしまうと旦那も誘いにくい雰囲気になってしまいます。しかも、「子どもがいるでしょ」と言われてしまえば、反論の余地もありません。奥さまが「私が子育てでこんなに忙しいのに…」とつぶやくようなら、誘うのは申し訳ないと思ってしまうでしょう。

また、旦那にとっても、自分の子どもはとても可愛いのです。奥さまが、子育てを独り占めにするような態度は、旦那を寄せ付けないバリアを張っているようなもの。旦那は、「もう妻とセックスはできないんだ」という諦めを、受け入れなければならないのです。

この寂しさを味わわせてしまうと、浮気に足を踏み入れるリスクもが高くなるといえるでしょう。奥さまからすれば、「子どもがいるのに信じられない!」と思われるかもしれませんが、奥さまの態度が原因であることも少なくないのです。

1-2.旦那がしたい時に、受け入れてもらえないから

2-2

https://pixabay.com/photo-1846251/

奥さまにとって、産後は体調を崩したり、メンタル面も不安定になったりすることがあります。そのような環境で子育てをしなければならないのですから、女性にかかる負担が大きい時期ということがわかります。心も身体も不安定な時に、旦那から身体を触られることに嫌悪感を抱く人もいます。

イライラしやすい時に、旦那を適当にあしらってしまったり、自尊心を傷つける言葉を言ってしまったりすることありませんか。拒否のされ方によっては、旦那がセックスしてくれなくなる始まりにもなるため、奥さまは注意が必要です。

一方的に拒否せず、今すぐにできない状況であることを承知してもらうようコミュニケーションをとるほうがよいでしょう。もちろん旦那の性欲は、話し合いだけでおさまらないかもしれませんが、一方的な拒否がセックスレスを招きやすいため、誘われた時の反応はとても大切なのです。

ここを大切にしないと、奥さまのほうが本来の体調に戻った時に、逆にしてもらえなくなるリスクが高くなってしまいます。実際に旦那がセックスしてくれない事で悩んでしまってからでは、取り返しがつかないこともあります。

1-3.以前のようにキモチの面でノラなくなったから

2-3

https://pixabay.com/photo-1245773/

母となった奥さまは、子どものことで頭がいっぱいに。そのため奥さま自身の性欲が湧きにくくなることや、一方でパパとして自覚が湧く旦那も。このような立場の変化によって、夫婦お互いのキモチがノリにくくなるということが、考えられます。

一般的に男性は性欲を満たすためにセックスがあるのに対し、女性はセックスによる心のつながりを求めます。そのためキモチの面を非常に重要と考えていますので、キモチがノラないとなかなかしたいとは思えなくなります。

産後は旦那を恋人ではなくパパとして見てしまうため、パパになった旦那と、以前のようにラブラブを楽しもうという気分には、なかなかなりにくくなります。そういった感情は、旦那にも伝わることでしょう。場合によっては、「以前はあれほど積極的だったのに…」と、旦那が残念に思ってしまうかもしれません。

性に対する向き合い方が変わってしまった奥さまに対し、旦那も積極的に誘おうという気にならなくなってしまうのです。お互いに何となくセックスレスになってしまったものの、子育てに集中しなければならないという現実が。旦那も現実を受け入れて、パパとしての地位を確立するため、仕事に専念するなどセックスは二の次になっていきます。

2.仕事優先で忙しそうだから

2-4

https://www.pakutaso.com/20131250345ol-3.html

旦那だけではなく、お互いに仕事を持っている場合は、忙しさから旦那がセックスしてくれなくなることもあります。一言でいうと、セックスは面倒だからという答えにもなるでしょう。仕事そのものが忙しいというケースや、日勤と夜勤ですれ違いが多いケースなど、とにかく仕事を中心に家庭が回っています。

旦那からすると「たまにはしたいな…」と思っているものの、これからスーツに身を包んで得意先に出かけようとする奥さまに対し誘おうものなら、絶対に拒否されることはわかっています。

このような夫婦の場合、話し合いをする時間がありません。セックスのことだけではなく、仕事を優先するばかりに、奥さまが旦那のことを理解する余裕さえないことも、旦那の寂しさにつながります。忙しさを理由に、殺伐としたような雰囲気の中では、セックスレスの危機が迫っているといっても過言ではありません。

奥さまのほうは、時折旦那のことを気にかけてあげることが大切です。仕事を理由に話し合いを避けてしまうと、今度はいつ話し合うべきか、そのタイミングもつかみにくくなります。旦那がセックスしてくれない、と気が付いたら早め早めの対処が、解決につながります。

3.女性らしさが感じられなくなったから

2-5

https://www.pakutaso.com/20131011295post-3399.html

奥さま自身で自覚しやすいのが、自分の体型の変化です。特に結婚してから体重が増えたというような人は、要注意。いつまでも綺麗な奥さまでいることは、旦那からセックスの対象として見られやすいことを、知っておかなければなりません。

つまり、旦那に「終わった…」と思わせるような体型になってしまうと、セックスしたいほどの魅力が感じられず、誘われにくくなります。気の緩みが身体の緩みになり、恋人時代の可愛かった奥さんがおばさんに。そのような変化を近くで見ている旦那は、もはや奥さまを抱きたいとは思わなくなります。

しかし女性に、「太ったね」という言葉は相手を傷つけることもあるため、あえて言わない旦那も多いでしょう。奥さまからすれば「どうして誘ってくれないの?」と、問いつめたくなりますが、奥さま自身が気付くほかありません。

また、気が緩むということは、旦那に対する感情も冷めてしまったのではないかという誤解を招き、セックスレスに陥りやすくなります。さらに女性らしさは、ダイエットをするだけで解決する話ではありません。

家での仕草が雑で男っぽく、ジャージでコンビニ。女性らしさを失っているように見えるのは、魅力もマイナスになってしまいます。平気でおならをするなど、緊張感のなさも、女性らしさから遠ざかります。結婚という安定を手に入れたのなら、危機感を持って自分を磨く努力をしなければ、旦那に女性として見てもらえなくなってしまうこともあります。

4.他に好きな人がいることを知っているから

2-6

https://pixabay.com/photo-1850082/

旦那にバレていないと思って浮気していること、ありませんか。気付いていなさそうに見えて、実は「奥さまに他に好きな人ができたのでは…」と、うすうす勘付いている旦那もいます。今までと違う洋服やメイクの変化、デートに行く前のようなワクワクした雰囲気というのは、言わなくても伝わってしまうことがあります。

旦那にとっては、自分の他に好きな人がいるということは屈辱に思えるため、あえて見ないフリをしてしまうことも。この場合は、奥さまから誘われても性欲が湧きにくいことや、こっちも浮気してやるといった、復讐に似た考えに陥る人もいます。

結婚しても、以前と同じように働き続ける女性が増えていることから、奥さまにも幅広い出会いがあるのが現実です。夫婦ともに言えない秘密があるというだけで、猜疑心や不信感が生まれやすくなります。セックスでは心を通わせることも大切ですので、相手への不信があると、性欲を満たすだけの味気ない関係になってしまいます。

遊びだけの一時的な浮気だったとしても、後々旦那がセックスしてくれなくなるリスクが非常に高くなり、夫婦関係に影響が出てしまうことも、想定できます。

5.奥さまの尻に敷かれていているから

2-7

https://www.pakutaso.com/20151020278post-6163.html

旦那を都合よく使ったり、何でも奥さまの言うとおりにしたり、どちらかというと奥さまのほうの権限が強い場合は、旦那から誘いにくくなるでしょう。なぜなら、男性の自尊心が尊重されていないからです。

結婚する前の奥さまは、愛らしく可愛い雰囲気で、会うたびにセックスをしたくなったのに、結婚してから変わった!と、嘆いてしまう旦那もいます。奥さまのほうがあまりにも気が強く、旦那を見下すような言動が続くと、セックスへの自信にも影響します。

旦那は、できるだけ屈辱感は味わいたくないため、失敗したらどうしよう、罵られるのではないかといった不安を抱えてまで、しようとは思わなくなります。奥さまの尻に敷かれているだけではなく、子どもも奥さまの味方につけるなど、家庭で旦那が孤立をしているような環境では、夫婦の溝が深まるばかりです。

常に奥さまの意見が中心に家庭が回っているようであれば、見直す必要があるといえるでしょう。尻に敷かれたい男性も多くいますが、すべて奥さまが仕切るのではなく、時には旦那の自尊心を高めてあげるよう、配慮しなければなりません。

6.異性のアイドルにハマっているから

2-8

https://pixabay.com/photo-336695/

浮気のような罪はありませんが、異性の韓流スターやアイドルなどに深くハマっていると、セックスの対象外として見られてしまうこともあります。旦那の立場から考えれば、「自分への恋愛感情は妻になくなったのか…」とガッカリしているかもしれません。

もちろん、テレビで見るスターと結婚するわけではないものの、やはり堂々とアイドルのポスターを貼ったり、家計をつぎ込んでいたりすれば、旦那からすると面白くないのも事実。まして、アイドルのポスターを見ながらのセックスは集中できません。

そもそも、他の誰かと疑似恋愛をしているような奥さまを、旦那は求めたがるでしょうか。異性のアイドルだけではなく、ホストクラブなども同じです。家庭の外に幸せを求めるのは、奥さまの満たされないストレスが原因であることも。必要とされないと思われる環境は、旦那がセックスしてくれない状況につながるため、改善したほうがよいでしょう。

7.望んだ結婚ではなかったから

2-9

https://pixabay.com/photo-1937005/

女性なら、三十路までには結婚したいという年齢に対するリミットは、よく囁かれることですね。そのため心から好きになれない状態で、年齢や相手の年収などの条件だけで結婚相手を選んだ場合、セックスレスになってしまう夫婦もいます。

自分が決めたリミットまでに結婚することが目的であり、夫婦関係はその次だからです。お互いにそのように割り切り、結婚しているのであれば問題はありませんが、どちらか一方が無理やり結婚をしているような状況では、夫婦関係は上手くいきません。

旦那が急にセックスしてくれなくなったという場合、残念ながらもともと奥さまのことが好きではなかった、または急かされて結婚に流されてしまった、というケースも考えられます。この場合、旦那だけに責任があるのではなく、奥さまにも。

デキちゃった結婚も、夫婦のキモチよりも結婚することが優先されてしまうケースです。せっかく一緒になれたのですから、話し合ってお互いのキモチを確かめる機会を持つことが、一番です。しかし日常に流されて、うやむやにしてしまうとセックスレスが長引くことを覚悟しなければなりません。

まとめ

旦那がセックスをしてくれない理由には、奥さまの断り方が大きく影響します。しかし女性は出産から子育てという時期を経ると、今までと同じように旦那に接することができなくなってしまうこともあります。

長い結婚生活で、旦那がセックスしてくれないのは嫌だと考えるのであれば、旦那に対する態度や、言葉遣いに注意することで改善が見込めることも。また、結婚しても女性らしくいる努力をすることは、無駄ではありません。旦那をドキドキさせて、誘ってもらえるチャンスを増やしてみてはいかがでしょうか。



旦那がたまらなくしたくなるベット専用香水

「リビドーロゼ」は男性の性的興奮を促すために作られた、悩み多き女性に人気のフェロモン香水。

男性の性欲を掻き立てて、旦那が食いついてきた!という感想が絶えない商品です。

勃起不全の男性でさえ、「リビドーロゼ」を使えばムラムラ性欲が湧き、やる気十分になる可能性が高いです

疲れていても、何とかしてやりたいという気分にもさせられる香水です。

旦那さんとの夜の営みがうまくいかないという女性は、旦那さんの救済のためにも「リビドーロゼ」を使ってあげてください。

(ボタンを押して)今すぐ続きを見る

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*