夫が知りたい気軽に出来る節約方法

収入が少ないわが家にとって、貯金をためるために必要なことは2つしかありません
出るお金を減らすか入るお金を増やす事です。 って当たり前ですね。

 

入るお金を増やすのはいろいろ大変そうなので
まずは簡単に出来そうな節約の方法を調べてみました。

 

飲食

ペットボトルのお茶は買わない(節約効果:4500円 /月)

一日に一本飲み物を買っただけで結構お金がかかるんですね
私は飲み物にあまりこだわりはない方なのでマイボトルに
パックで作ったお茶で十分です。

 

ペットボトルの水も買わない(節約効果:3000円 /月)

水を買うなんて信じられない!と昔田舎のおじいちゃんが
言っていたのを思い出します。確かに昔の人からしたら
不思議でしょうがないですよね。
東京の上水道の濾過システムは非常に高度なので
水道の水をそのまま飲んでも大丈夫だそうです。
どうしても気になる方は浄水器を付けてもいいですよね。

 

ビールより第3のビールを買う(節約効果:3000円 /月)

最近はビールよりも品揃えの良い第3のビールといわれる
いわゆる発泡酒ですが、ビールより100円以上安いです。
ビールの味が良くわからない私は全然第3のビールで問題なしです。

 

電気

契約アンペアを見直す(節約効果:約280円 /月)

賃貸であれば契約アンペアって前に住んでいた人の数値
をそのまま引き継いでいるみたいです。
節約効果で書いたのは30Aから20Aに変えた場合です。
これちなみにうちが変更したのと同じです。

一番使う時を想定してアンペアを計算してみましょう

東京電力 わが家のアンペアチェック

 

冷蔵庫の開け閉め(節約効果:50円 /月)

よく嫁に冷蔵庫の開け閉めばかりしないで!
電気代がもったいないでしょ!と怒られますが
実際どれくらい節約になるんだーと思って調べてみると
そんなに大きな節約効果はないようです。
だけど、太るから開け閉めは少な目がいいですね

 

使っていない待機電力は抜く(節約効果:約330円 /月)

待機電力とはコンセントが繋がっているけど使っていない
状態ですね。カットできそうな所は
パソコンやテレビ、DVDレコーダーなどですね。
わが家もいつもつけっぱなしです。
ちりも積もればこれも大きな電気代になるようですね。
最近はタップ側で電源をOFF/ON出来るものが売られているので
早速使ってみたいと思います。

 

LED照明に切り替える(節約効果:約330円 /月)

家の電球がちかちかしてきたなぁ。そろそろ取り替えないとな
と思って最近はやりのLED照明に変えてみました。
今までの蛍光灯よりも明るいし節電効果もあるんですね!
照明自体の寿命も長いみたいなのでまだ蛍光灯を使っている
人は交換をおすすめします!

 

トイレの便座の温度を下げる(節約効果:約450円 /月)

これを高から低に変えるだけで大きな節約効果が生まれます。
おしりは、座ったときにひんやりしなければいいですよね
あのひんやりして目が覚める感じも嫌いではないです

 

水道

節水コマを使う(節約効果:約1600円 /月)

水道って実は大きな節約ポイントなんですね。
使っている時はどれだけの水道料がかかっているか意識していない
のでじゃぶじゃぶ使ってしまいます。
じゃぶじゃぶ使っちゃうならそもそも出る量をすくなくしちぇ
というこの発想の転換がステキですね。
水道料がメーターみたいに見えたらもっと節水できるかも!

 

以上まずは家庭の中から始められる簡単な節約方法でしたが
なんとこれ全部実行できたら月に約13510円節約できますよ!

今からこの浮いたお金で何を買おうか妄想が膨らみます
全部と言わず出来そうなものがあればチャレンジしてみて下さいね

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です