夫に食器洗いをしてもらう方法

夫に家事を手伝ってもらう方法 食器洗い編です。

まずはこちらの動画をご覧ください。

http://www.youtube.com/watch?v=J0706Z3y7P0

 

はい、こんな晩酌最高です。

 

食器洗いと言えば何を連想するでしょうか?

飲食店のアルバイト?手荒れ?
いえいえ、考え方次第では食器洗いは立派な趣味になるのです。

 

それでは夫に食器洗いをしてもらう方法行ってみましょう!

 

下準備

結論から言いますと、夫にバーテンダーになってもらいます!
近くのBARに一度二人で出かけてみて下さい。
素敵な雰囲気を感じて、今度家でもBARをやってみようよ!と提案します。

 

家事依頼

「最初は私がやるね」
と言いながら、お酒を作ったりグラス、食器を磨いたり
動画の菅野美穂のようなバーテンダーになりきって下さい

 

これをしてもらって嬉しくない夫はまず、いません
少しお酒も進んで来たら

 

「私も飲みたいな、次はあなたがこっち側をやってみて」

 

と自然に促してみて下さい。

この「バーテンダーごっこ」が皿洗いをしてもらうのにはすごく重要なのです。

 

まず夫がキッチンに立つという事に慣れてもらうという効果があります。
また、バーテンダーになりきることで夫婦とは違う
お客役とお店側という新しい役割が出来て、新鮮な会話が生まれます。

 

新しい事をお願いする際には変化を起こすためのきっかけが必要です。
この「バーテンダーごっこ」はその変化を起こすためのきっかけになるのです。

 

サポート

最初はこの遊びをしている時だけ皿洗いをお願いしましょう。
そしてこの一言

 

「あなたが洗うとお皿が綺麗なんだけど、すごいね」
「今日は私がごはん作るから、あなたが食器洗ってくれない」

 

これです
間違いなく、夫の洗う食器はあなたより綺麗な分けがありません。
むしろ汚れが残っていて汚いかもしれません。

 

でも不思議な事に、綺麗に洗えてるね。隅々までピカピカだね
と褒められていると、もっときれいにしようという気持ちが湧いてくるのです。

 

そこで注意することは

 

「ここが汚れているからやり直して」
とか
「もっとこう洗ったら綺麗になるよ」

 

というアドバイスは絶対してはいけません
そうなると「やらされてる感」が出て来て、じゃあお前がやればとなってしまいます。

 

最初は汚くてあたりまえ、数をこなしていくことで食器洗いは誰でも上達するのです。

 

習慣化

皿洗いが負担に感じると、続かなくなってしまいます。
最初は週に1回週末に洗ってくれるだけでよしとして夫が皿洗いに
慣れてきたところを見計らって、徐々に皿洗いの回数を増やしていきます。

 

そうすると途中で、もう嫌だ!となると思いますので
待ってました!と言わんばかりに、ここで食洗器の話を持ち出しましょう。

 

食器洗いの大変さが身に染みたからこそ首を横には振らないと思います。
食洗器を買えばまた楽になるので、更に夫も食器洗いを手伝ってくれるでしょう。
一緒に楽しむ楽しませるという気持ちを忘れなければ
食器洗いも一つのエンターテイメントになるかもしれませんね!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です