目的で見る夫が話を聞く方法

夫に話を聞いてもらう方法を目的という観点で書いてみました。

 

妻がまだ彼女だった時、話を聞く目的がありました。
それは

 

この人ともっと仲良くなりたい

 

という事です。
その目的のために話を聞くのは面倒ではなかったし、むしろ話を聞きたいくらいでした。
だけどそれは結婚した事で達成された。と思っているので目的を失いました。

 

目的が欲しいのには理由があった

これはよく男性と女性の脳が違うからと言われています。
男の脳は狩りで目的を達成するために発達してきたため
目的の無い会話にはストレスを感じるようです。

 

逆に女性は村を守るために、村人や家族の間で連携を取る
そのために情報の共有をする能力が発達してきました。

 

これではまるで矛と盾、ですね。

 

それって本当?

でも思うのです。
目的が無い会話なんて本当はないんじゃないの?って

 

ただその目的が分かりずらいので男はその目的が理解出来ないだけなんじゃないかと。

 

例えば妻と話していた内容で

 

「仕事でが大変で自信なくしちゃった」
私「どんな所が大変なの?」
「なんかやることがいっぱいありすぎて、毎日仕事を持ち帰らないといけないの」
私「それはまずスケジュールとタスクリスト作って優先度の高いものからやった方がいいよ」
「しかも毎日疲れが取れないし、私体力もないからツライのよ」
私「そっかー、じゃあまずジムにでもいって体力の底上げをしよう」
「。。。なんか感じ悪いよ」

 

こんな話がありました。
妻は仕事が大変だったから慰めて欲しいという目的があり
私は妻の仕事がより楽になるためにどうしたらいいかを考えるのが目的でした。

二人で目的がずれていたために起こった悲劇ですが、こういう事がしょっちゅうあります。

 

でももしこの時に妻がこんな風に伝えてくれていたら。。と思う内容は

 

「仕事でが大変で自信なくしちゃった、話を聞いて慰めて欲しい
私「わかったいいよ」
「なんかやることがいっぱいありすぎて、毎日仕事を持ち帰らないといけないの」
私「そっかーそれは大変だね、頑張ってるね」
「しかも毎日疲れが取れないし、私体力もないからツライのよ」
私「疲れもたまってるんだね、じゃあ週末温泉にでもいこうか」
「話を聞いてくれてありがとう」

 

これは最初に目的を言われているので、あぁこの会話の目的は
「妻を慰める事」と同じ目的で会話が出来るのですれ違いは無くなるのだと思います。

 

目的の無い会話なんて無い

最近会話が足りてないから話をしたい、週末の予定を立てたい
などの明確な目的がある場合もあるし

話を聞いて共感して欲しい、悲しい気持ちを理解してほしい
などの感情を理解して欲しいという目的もある

 

具体的な形は無くても話したいと思った動機は必ずあると思うので
それを意識して会話の最初に持ってこれるかどうかが
話を聞きたいかどうかを左右する大きなポイントだと思いました!

 

まずは会話する前に、なんでこの話したかったんだっけ?と整理してから話しかけてもらえると
世の夫は嬉しいと思いますよ!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です