セックスレス対策

セックスレスの話し合いは事前準備が明暗を分ける?円満解決への道

オンナとしてまだまだ必要とされたいのに、まるで全否定されているかのような“セックスレス”という事態……。

営みがない日々を過ごすうちに、「誰が聞いても、どこから見ても、私たち夫婦はれっきとしたセックスレスだ……」という現実を目の当たりにします。

そうなると、仲の良さそうな夫婦を見ては「きっと円満に営みがあるんだろうなぁ」なんて、ものすごくうらやましく思えるもの。

そんなときに行きつく解決策といえば、“話し合い”ですよね。

セックスは互いの気持ちがあってこその行為。だからこそ、自分の想いを伝えたり相手の気持ちを理解したり、今後もより良い関係を維持するためにも話し合いはとても有効な手段といえます。

「もう一度セックスを復活させるためにも、思い切って話し合いを持ちかけてみよう!」……と、その前に!

そもそも男性は話し合いがニガテ。それに加えて“セックスレス”というデリケートな話で間違った切り出し方をすると、さらに状況が悪化してしまうことも。

そこで今回は、「初めてセックスレス解消に向けての話を切り出してみる!」という方向けに、絶対抑えておきたい話し合いのポイントをまとめてみました。

その①【まずは原因を洗い出してみる】

いきなり話を切り出す前に考えておくべきこと。それは、「そもそもセックスレスに陥った原因は何なのか?」を自分なりに洗い出してみるのです。

思いつく原因によっては、まずはそれを解消する糸口を見つけ出すことが先決。例えば……

・そういえば、最近旦那の仕事が激務で忙しそう
→疲れてそうだから、ちょっと肩もみやスキンシップを増やしてみようかな?

・私自身、いつもノーメイクと部屋着でウロウロしている
→家の中でも、色気を意識して女性らしさをキープしてみる!

・産後によくセックスを断っていたことがあった
→恥ずかしいけど一度、私から誘ってみようかな?

・浮気していそうな気配がある
→セックスレス以前に、まずは浮気がないかなどのチェックや話し合いが必要

こんな風に、セックスレスになる“前段階の原因”がふと思いつくかもしれません。まずは、考えられる原因の解決を試みることが重要です。

その②【話し合いでは感情的になりすぎない】

いくら考えてみても「セックスレスになった原因がわからない……」という場合。ここではじめて“話し合い”に出るスタートラインです。

でもその前に!気をつけるべきポイントが。女性にありがちな話し合いの展開といえば、

「なんでいつも○○なの!?」
「私はもっと○○したかった!」
「どうして私のことわかってくれないの?」

と、つい感情がむき出しになってしまうこと。話し合いの序盤は「ねぇ、あのさ……」と、冷静を保っていても、話し合いが思うようにいかないと思わずヒートアップしてしまいますよね。

不安や怒りが入り交ざって、本音でぶつかり合いたくなる気持ちも十分わかります!だってこちらは、何か月も何年も悩んできたことだったら尚更です。

……でも、“セックスレス”というデリケートな問題で感情をぶちまけてしまうのは得策ではありません。怒りに任せて相手に伝えたところで、セックスレスが解決して円満に進む……というのは考えにくいですよね。

一方的にぶつかって取り乱すのではなく、あくまでも“冷静に”進める心構えをしておきましょう。

その③【セックスレスという事態に焦点を当てない】

先ほどの“冷静さを保つ”のほかにも、実はとっても重要な心構えがあります。それは、「セックスレスのことをストレートに伝えない」ということ。

「え!?セックスレスの話し合いなのにセックスレスのことを話したらダメなの?」と思いますよね。

厳密にいうと、「セックスレスの問題そのものにいきなり焦点を当てない」ということです。例えば、いざセックスレス解消の話し合いとなるといきなり

「最近全然誘ってくれないよね」
「なぜセックスしたくないの?」
「どうして回数が減ったの?」
「何か原因があるの?浮気してるの?」

と、ド直球で聞きたくなりますよね。でも、いきなりセックスレスの話を持ち出すと男性側は動揺したり、最悪の場合「どうして俺が悪いんだ」「お前はそんなにセックスしたいのか?」など、間違った方向に捉えられたりしてしまうことも。

せっかくの話し合いが逆効果にならないように、セックスレスについて初めて話し合うときは「セックスレス」というワードを使いたくなる気持ちをグッとこらえて、

「最近、さみしい想いをしている」
「もっとあなたとスキンシップを取りたい」
「昔みたいに二人きりで出かけたいなぁ」

など、“あなたとの関係をもっとよくしていきたい”というニュアンスで伝えるのです。そもそも、セックスレス解消の重要なキーポイントは「円満な夫婦仲」。

あくまでも「もっと距離を縮めたい」「あなたともっと良い関係でありたい」という姿勢から入ると、きっと受け取る側の印象も変わるはずです。

その④【前もって話し合いの終着点を決めておく】

セックスレスの話し合いをする上でもっとも重要なのは、「終着点を決めておく」ということ。

まず女性と男性では、脳の仕組みがまったく違う!と言われていますよね。女性の話し合いは、「私の想いをわかってほしい、理解してほしい、あなたの気持ちの聞かせてほしい」という風に、“感情”が大部分を占めています。

でも男性の場合、「だから俺はどうすれば良いのか?」という風に、あくまでも完結に、感情ではなく理論的に話し合いを進めたいという思考が強いようです。

さらに女性は「言わなくてもわかってほしい」と思いがちですが、男性は「言われないとわからない」という生き物。

これらの性質を理解しないままやみくもに話し合いをスタートさせても、結局ダラダラと時間だけが過ぎてしまい「結果不毛に終わってしまった……」なんてことになりかねません。

だからこそ、話し合いの終着点を前もって決めておくことがポイント。言われなくちゃわからない生き物だからこそ、

私はどんな想いでいるのか(最近触れ合えてなくて少しさみしい……など)
今後はどうしていきたいのか(週に一回は一緒に寝たいなぁなど、自分が思う終着点)

という風に、二段階程度で言いたいことを簡潔にまとめておくのがベスト。これらを提示した上で、「私はこういう想いだけど、あなたはどう?」と意見を聞いてみましょう。

こういう展開ならば、きっと男性側も自分の意見や想いを伝えやすくなるハズです。

【まとめ】

セックスレス解消に向けての初めての話し合いについて簡潔にまとめると、

まずは考えられるセックスレスの原因を自分なりに考えてみる
それでも思いつかない場合は、話し合いを試みる
話し合いでは感情的にならず冷静さを保つ
「セックスレス」というワードをあえて出さず、「あなたともっと触れ合いたい」という風にあくまでも夫婦仲改善をテーマにする
話し合いをダラダラとさせないために、自分なりの終着点を提示する

……ざっとこんな風になります。そもそも男性は話し合い自体がニガテなので、「膝を突き合わせて話し合う」というよりも「神妙になりすぎず、自分の想いや目指す夫婦の形を伝える」というスタンスがベスト。

話し合いが上手くいけば、夫婦仲が改善したりセックスが復活したりするパターンも大いにあります。

夫婦の明暗をわけるかもしれない、“セックスレス解消の話し合い”。不毛に終わらせないためにも、抑えておくべきポイントをしっかり確認して挑みましょう!

子供がいる夫婦のセックスレス対策とは?!

“セックスレス”になってしまう原因って、夫婦によっていろんな理由やパターンがありますよね。

その中に、「子どもが気になってセックスができない」という理由からセックスレスに発展してしまうケースがものすごく多いって、ご存知でしたか?

旦那のことは好き。

夫婦関係もとくに悪くない。

子どものこともかわいがってくれて、家庭環境もいたって良好。

それなのに……それなのに!

子どもがいると、全っ然セックスを楽しめない。

普段から添い寝をしたり、子どもを挟んで川の字なんかで寝ていたりするなら尚更。

いい雰囲気になるたびに、

「起きたらどうしよう」
「気づかれたらどうしよう」

そんなことばかり考えているうちに、急いで済ませてしまったり集中できなくて楽しめなかったり、気づけばどんどん味気ないセックスに……。

【味気ないセックスは回数減の原因になる?】

味気ないセックスがもたらす弊害……それは、自然と回数が減っていくということ。

回数が減ってしまうのは、女性としてはものすごく寂しいものです。

しかも女性の場合は男性と違って、セックスは快楽というよりも
「どれほど愛されているか?」
を確かめる大切な儀式なんですよね。

旦那とのセックス(愛を確認する儀式)が減ってくると、

・不安で寂しくなる
・理由もなく旦那の行動を疑ってしまう
・女として見られていない=もう愛されていないと錯覚する

……など、まさに自己嫌悪の無限ループ!

いくら上辺で良好な夫婦関係をキープしていても、どこか満たされない気持ちになってしまうものです。

では、旦那のほうはどうでしょうか?

「子どもがいるからセックスに気をつかう」→「楽しめない」→「だんだんと奥さんを誘うのが面倒になってくる」

という構図が出来上がると、やはり回数は減ってしまいます。

さらに、いくら奥さんを愛していて家族を大切にしていても、ムラムラした気分までは制御できません。

理性のある男性ならばそこでしっかり歯止めが効くのでしょうが、職場にかわいい女性社員がいたりSNSで女友達とつながったり、ふとした心の隙にスッと悪魔がささやいてしまうことも……。

夫婦仲が悪くなくても、「子どもが気になってセックスを楽しめない」という状況は、すでにセックスレスの予備軍となっているんです。

【子どもに親のセックスを見せてはいけない理由】

だからといって、子どもに気づかれるのだけは絶対にNG。

親の行為を目撃したことがある人ならわかるかもしれませんが、あれはまさにトラウマレベル。子ども心には大ダメージです。

親のセックスは、“子どもにバレない!気づかせない!”というルールのもと決行すべき。……となると、必然的に「子どもがいない部屋」で行うべきなんです。

いくら小さな子どもでも、言葉やいろんなことを理解し始める年齢になってくると、そのときはわからなくても後々「あれってパパとママが……」と気づいてしまう日がくるかもしれません。

【子どもがいても楽しめるセックス案とは?】

じゃあどうすれば、子どもがいても安心して楽しくセックスができるのでしょうか。

寝室を分ける
日本は昔から「パパやママと一緒に寝る」というのがよくある風景ですよね。でも海外って、小さい頃から親と子どもは別室です。

なぜ別室かというと、それは“夫婦のため”。海外では夫婦の愛を重んじているので、セックスレス=離婚に直結してしまうことも。

なのでこれを機に、思い切って「子どもと別室で寝る!」という習慣をつけてみるのもいいかもしれません。

部屋を移動してスタート
「やっぱり寝室は子どもと一緒がいい」という方も多いと思います。

そういう方は、子どもが寝静まってから夫婦の営みが開始しそうになったら、できるだけ早めにリビングなど別室に移動してスタートしましょう。

おそらく、雰囲気が良くなっていったんスタートしてしまうと、そこから別室に移動するのがちょっと面倒……とか、なんか冷めてしまいそう……と思う方が多いんだと思います。

「だったら短時間でもいいから手短に布団で済ませてしまおう」となりがちですが、これこそが味気ないセックスに直結してしまう原因です。

始まりそうになったら、即「リビングに行こう」と誘ってみるのもアリ。

たとえ面倒でも別室に移動して、ゆっくりと気兼ねなくスタートさせましょう。

眠りが深い早朝を狙う

もし「別室に行っても途中で子どもが起きてくるかも……」という方は、早朝がチャンス!

子どもは就寝直後や夜中は眠りが浅くなりがちですが、早朝となると眠りはかなり深くなっています。

少しだけ早起きして、旦那さんの布団に入って誘ってみるのもいいですね。

子どもがいない日中作戦

お子さんが大きくなってくると、夜も遅くまで起きていたり部活で早朝に起きてきたり、「もう隠しようがない…」となってきますよね。

そうなったら、「子どもがいない日中にやってしまう作戦」にしましょう。

そう、子どもが学校や遊びに出かけている間に済ませてしまうのです。

「でも昼間っからそんな気になれない」という方は、日中に「久々に2人でDVDでも観ようよ!」と誘ってみましょう。

部屋を暗くしてまったりと観ているうちに、きっと良い雰囲気になって、子どもに気をつかうことなく楽しめるハズ。

【子どもがいてもセックスは楽しめる!】

子どもがいても、工夫次第で夫婦のセックスは楽しめるもの。

子どもの年齢や行動パターンに合わせて、夫婦で臨機応変に対応しながらいつまでもセックスのある夫婦でいたいですよね。

 

以上、私なりの対策を提案してきましたが、子どもがいても夜の営みを円満に行うことは可能です。

私はこの経験をしてから夫婦仲は今でもずっと円満になりました。

→旦那がセックスに積極的になった経緯をお話いたします。