旦那がセックスしてくれない

体の相性抜群だったふたりが、セックスレス夫婦になった理由(Sさんの体験談)

今回は、ママ友のSさんの体験談をご紹介しようと思います。

 

男性経験に乏しく、性についても淡泊だった私を変えたのは夫です。

 

夫と付き合い始めるまでの私にとってセックスは、“あってもなくてもどちらでもよい”程度のものでした。特に気持ち良いとも思わなかったし、相手の男性に気を使って感じているふりをするのは疲れます。

 

ただ、初めて夫に抱かれたときに、「ん?」と思い、2度目のときには「なに、これ?」という感覚が残りました。そして3度目に確信したのです。肌が合うとは、こういうことなのか、と。

 

夫は夫で、性に未熟だった私が、体を重ねるたびに乱れていく様子を見るのが、嬉しくて仕方ないようでした。

 

もともと夫は体力があり性欲も強いタイプ。そのうえ女性経験も豊富です。

 

結婚するころには、夫に口づけられるだけで、子宮のあたりに痛みを覚えるくらいに、私の体は変わっていました。

 

結婚してからも、週に二度は必ずと言ってよいほど、夫から求められましたし、私からも求めました。

 

私が妊娠して、子どもが産まれてからしばらくは、嵐のように毎日が過ぎていき、さすがにセックスの回数は減りました。

 

ただ、何人かの友達の話を聞いていると、やはり夫との夜の営みは、普通の夫婦に比べると多かったようです。

 

私は、母親としても女としても、満ち足りた生活を送っていました。

 

そんな夫との関係に初めて変化を感じたのは、結婚して7年目、夫がちょうど40歳を迎えた頃です。

 

深夜、同じ部屋で寝ている子どもを起さないように、私は声を押し殺して、夫からの愛撫を受けていました。その時、突然夫の手が止まったのです。

 

子どもが目を覚ましたのだろうか、と私は慌てましたが、そうではありませんでした。
ふと見ると、夫のからだに異変が。このまま続けられるような状態ではなくなっていたのです。

 

私はとっさに“夫を傷つけるような事を言ってはいけない”と思いました。

 

「たまにはこんな事もあるよね」と努めて明るく言い、そっと夫から離れました。

 

さすがの夫も40歳を過ぎて、多少衰えてきたのかな、と内心思いましたが、私はあまり深く考えないようにしていました。私が気にすると、ますます夫は気にするだろうと思ったのです。

 

しかし、夫が途中で萎えてしまうことが、5回に1回になり、3回に1回になり、数カ月後には2回に1回になると、のんびり構えていた私も「夫がこのままEDになったらどうしよう」と不安を覚えるようになりました。

 

さらに私を不安にさせたことが、もうひとつあります。

 

今の夫にとって、私とのセックスはただの性欲の処理なのではないか、と感じるようになったのです。なぜ、そんなことを思うのか、自分でもよく分かりませんでした。

 

その後、夫の仕事が急に忙しくなり、帰りが遅い日が続きました。週末も仕事が入り、家を空ける事が増え、ふと気が付くと、もう1ヶ月以上も夫とは触れ合っていません。

 

夫婦の間はぎくしゃくし始め、私の悩みはセックスレスだけではなく、夫との関係にまで広がっていきました。

 

ゆううつな毎日が続き、その年もいよいよ終わりに近づいたある日のことです。

 

仕事から帰ってきた夫は、入浴していました。私は玄関に置きっぱなしになっていた、夫の仕事鞄を片付けようとして、鞄のファスナーが空いている事に気付きました。何気なく中を覗き込んだわたしの目に飛び込んできたものは、見慣れないコンドームでした。

 

やけに豪華な金色のパッケージ。いつも使っている3パック1000円のものとは、明らかに違うその避妊具を見たとき、私の頭のなかでばらばらになっていたパズルが、一気に完成しました。

 

その後、初めて夫の携帯を盗み見て、私の疑いは確信に変わりました。

 

考えてもみなかった夫の浮気。

 

夫が私に欲情しなくなったのは、EDなどではなく、浮気相手の女性に心を奪われていたからだ、と分かったときの屈辱感や絶望感は、言葉にはできません。

 

夫は、私に頭を下げて謝りました。浮気相手とは別れるから、やり直して欲しい、と。

 

散々悩んだ結果、私は夫を許すことにしました。子どもは夫に懐いていましたし、私自身、夫のいない人生は考えられませんでした。

 

許すと決めたからには、今後一切浮気のことは口に出すまいと心に誓いました。そして、もし夫から求められたら、拒絶せずに受け入れようと決心したのです。

 

さすがにしばらくは、夫から誘われることはありませんでした。しかし、3カ月ほど経ったある夜、先に休んでいた私のベッドに、夫がもぐりこんできました。

 

「とうとうきたな」と私は覚悟を決めました。黙って夫のするままに任せていたのですが、首筋に夫の唇が当たった時に、鳥肌が立ちました。快感などではありません。

 

そして、私のネグリジェのボタンに、夫が手をかけたとき、とうとう我慢のできなくなった私は、夫をはねのけトイレに飛び込みました。

 

青い顔をして寝室に戻った私を見て、夫は一言「ごめん」と言い、その日から私に触れようとしなくなりました。あれからもう半年が経ちます。

 

口では許すと言いながら、私は決して夫を許してはいなかったのです。夫にも私の気持ちは十分過ぎるほど伝わったようです。

 

私たちは、このままずっとセックスレス夫婦として過ごさなければならないのか、欲求不満になった夫がまた浮気をするのではないか、と不安にさいなまれる毎日です。

 

離婚しない、という私の決断は間違っていたのでしょうか。まだ答えは出ません。

旦那がセックスしてくれない時にすべき事15個

セックスレスは自然に解消することが難しく、何らかのきっかけで問題を解消しようとする努力をしなければなりません。奥さまとしては、解消するために何に取り組むべきかを考えてみたいと思います。ご紹介する方法のうち、実行できそうなものからチャレンジしてみましょう。さらに習慣が大切になりますので、1回だけではなく、できれば何回も取り組んでみることをおすすめします。

1.ふたりだけでラブラブのデートをする

4-1

夫婦関係にマンネリが生じている時は、恋愛のトキメキを思い出させる方法が一番です。奥さまとしては「今さら…」という感じも正直あるかもしれません。特に結婚してから、子育てに追われてしまったり、家事の負担感が否めなかったり。

 

結婚生活は平凡な日常生活であることを、痛感する機会が、女性には多くあるでしょう。そのため、旦那への不満から、恋愛をしていた頃のトキメキまでも失ってしまうという現実に、流されやすくなります。時には家事の分担について話し合い、時間を作ってデートをしてみてはいかがでしょうか。カップルが多い場所に行くと、お互いを思いやっている風景などを目にすることも。今の自分たちが忘れてしまったことを、思い出させてくれます。

 

結婚するとつい、相手への気遣いを忘れてしまうこともあるでしょう。恋人時代があった夫婦にとっては、その当時と比べて、今は相手への気遣いが減っているのかもと、反省する機会に。久しぶりのラブラブなデートで、日常とのメリハリをつけてみましょう。

 

2.奥さまから手をつなぐ

4-2

旦那がセックスしてくれなくなる原因として、奥さまから何もアクションがないことが考えられます。旦那としては「自分のことを、今も好きでいるだろうか…」という不安が生じやすくなります。また、うっかり手を出したら、拒否されるかもしれないという恐怖心があるかもしれません。奥さまの態度から、不安や恐怖心を察知した旦那は、ますます奥さまを誘わなくなります。

 

女性の場合は、旦那に触られたくない時期なども、正直あるかもしれません。しかし、今まで一方的に拒否をしてしまっていたら、旦那の警戒心を解いてあげる必要があります。それには、奥さまから手をつなぐこと。今日はOK、いつでも大丈夫といったサインがわかりやすいため、旦那も奥さまを誘いやすくなります。

 

手をつなぐことで、旦那からみて奥さまがかわいく見えることも。奥さまは今まで旦那に、怒っている顔、疲れたような顔ばかり見せていませんでしたか。思い当たるようなら、できるだけ笑顔を見せてあげるのも効果的です。

 

3.旦那の趣味に付き合う

4-3

夫婦はお互いに干渉しすぎても上手くいきませんが、一方で関心がなさ過ぎなのも問題です。旦那がセックスしてくれなくなってしまう原因には、日常でのすれ違いもあります。夫婦共働きの場合は、すれ違いには注意が必要です。なぜなら、すれ違いからお互いの愛情を、感じられなくなってしまう夫婦も多いからです。

 

仕事をしている時は別々でも、お互いに休日が重なった時は一緒に過ごすことが大切です。奥さまから取るべき行動としては、旦那のやっていることに興味を持つこと。例えばゴルフだったら、旦那ひとりにだけ行かせるのではなく、一緒についていくなど、同じ場所や空間を共有することです。奥さまにとってあまり興味が湧かないようなことでも、一緒に過ごす時間ができないか考えてみましょう。

 

デートに行くというのも、同じ時間を過ごす方法ですが、旦那の得意な趣味に興味を持つだけで、嬉しく思われる違いがあります。また、仕事のことや子どものこと以外で、共通の話題が作りやすくなります。仕事で疲れているからと、旦那のことに無関心になってしまうのはできるだけ避けましょう。

 

4.旦那に優越感を持たせる

4-4

https://www.pakutaso.com/20160619160post-8095.html

男性は、褒められるのが大好きです。褒められるだけで、家事を一生懸命にやってくれることもあります。褒められることは自信になりますので、セックスにも必要なメンタルになります。最初は、ちょっとしたことでも「すごい」と褒めることで構いません。次に慣れてきたら、どこが良かったのか具体的に褒めます。

 

奥さまができないことができたら、「やり方を教えて」と積極的に関わってみましょう。決して否定をしたり、文句を言ったりしないことがポイントです。奥さまのほうが旦那のやることなすこと全てに文句を言っていたら、それだけで窮屈に。

 

生活を共にしていると、一般的には女性のほうが、細かいことに気が付いてしまうため、相手の至らない点が見えてしまうのは仕方がありません。旦那がセックスしなくなっている場合は、お互いの距離を広げないためにも、相手の存在を許し、受け入れる寛容さがないと、修復しにくくなります。旦那が、奥さまに必要とされる存在として自信が持てれば、よい夫婦関係が築けるでしょう。

 

5.寝る場所も寝る時間も同じにする

4-5

夫婦の寝室が別であったり、就寝時間が異なっていたりすると、セックスレスの問題が長引きやすい環境にあるといえます。できる限り、同じ場所で、同じ時間に寝ることを心がけてみましょう。思い切って模様替えをし、寝室の環境にも気を配りましょう。

 

観葉植物やお香などを置くと、心と身体も一層休まることも。ただの寝る場所というよりも、眠るための空間を考えます。照明は白熱球だと味気ない感じに。そのため、オレンジ色の電球に付け替えるとムードが出ます。間接照明の効果で、いつもの寝室がムード満点になることも。旦那をその気にさせるなら、照明を少し変えるだけでも、効果が期待できるでしょう。

 

お香なども、寝室向きのものを選びます。香りによっては、旦那を「したいキモチ」にさせてくれるでしょう。寝室には、スマホを持ち込むことは控えたほうがよいでしょう。一緒に寝ても、ついついどちらかがスマホをいじってしまうと、ムードがなくなってしまいます。目覚ましには、目覚まし時計を使うのもおすすめです。

 

6.旦那に日々の感謝を伝える

4-6

旦那がセックスしてくれない夫婦は、身も心も枯れがちに。会話でもお互いを思いやったり、感謝をしたりすることが少ないケースも考えられます。いわゆる仮面夫婦になってしまうのではないでしょうか。あまり会話がないと、結婚している意味さえわからなくなり、いずれ離婚ということにもなりかねません。

 

特に無口な旦那を持った奥さまは、旦那と会話をする時間を生み出しましょう。最初は、共通の話題が見つかりにくいこともあります。そのためまずは日々の感謝を伝えることを、繰り返し行いましょう。そうすることで、会話のきっかけになり、いろいろと話せる仲になっていきます。

 

奥さまのほうが稼いでいたとしたとしても、「お仕事お疲れさま」ということや、毎日仕事に行ってくれていることに対して、「ありがとう」ということを伝えます。共働きの場合は、旦那が仕事をすることに対して、当たり前だと思いがちです。いざリストラになってしまったら、当たり前のことがどんなにありがたいことだったかというのが、わかるはずです。

 

夫婦の仲は冷めてしまっていると思える場合でも、生活する中で恵まれていることが、たくさんあることに気付きます。感謝の言葉を繰り返していると、軌道修正しやすくなり、旦那からも感謝されるようになります。

 

7.旦那と一泊旅行する

4-7

https://www.pakutaso.com/20150503132post-5499.html

旦那と出かける場所が、近所のスーパーだけというような場合、ぜひ休日には一泊旅行に出かけてみましょう。結婚生活をあまりにも身近な日常としてとらえてしまうと、メリハリがなくなってしまいます。旦那がセックスしてくれないのはメリハリのなさから生み出されてしまうこともあるため、非日常的な場所に意識して出かけてみましょう。

 

出かけた先で、改めて旦那の良い面を見ることができますし、奥さまにとってもつかの間の休息に。お互いに余裕があるからこそ、今までの流れもリセットできるようになります。旦那がセックスしてくれないからといって、奥さまが気の知れた友達だけで旅行するようになると、ますます夫婦の溝を深めることに。一泊旅行も今では、夫婦向けのプランもたくさん出ています。

 

セックスレスの解消を考えるなら、あまりにも格安で宿が汚い場所はNG。温泉付きの老舗旅館または、高級ホテルなどがよいでしょう。しかるべきところに行くと、選べる浴衣やアメニティーなどのおもてなしもあります。夜はぜひ浴衣かバスローブなど、普段着ないものをチョイスしましょう。くれぐれも持参したTシャツ、スウェットは避けます。ちょっとした緊張感とドキドキを感じて、過ごしてみて下さいね。

 

8.旦那を褒めて抱きつく

4-8

先ほどの「旦那に優越感を持たせる」というところにも似ていますが、ここでは褒めた時に、奥さまから抱きついてしまいましょう。言葉だけで褒めるよりも、旦那をドキドキさせると同時に、セックスで大切な自信も芽生えます。つまり、メンタル面で大きな効果があるということがいえるでしょう。

 

子育て中だったとしても、パパとして接するだけではなく、頼りになる旦那として接するようにします。男性は頼られるだけで自分に自信を持つことができます。旦那がセックスしてくれない場合は、このような相手が喜びそうなことを、大胆にしてあげることによって、距離が縮まることも。

 

手をつなぐ、抱きつく、といったアクションは男性がされて嬉しい行動です。待っているだけではなく「お、何だか今日は違うな~」と思わせてあげるのです。また、「好き」や「愛している」というのも言葉に出して伝えるほうが、男性にとってはわかりやすいといえます。「今さら言えるはずが…」と躊躇してしまうと、問題は平行線のままになるでしょう。プライドが高い奥さまも、この時ばかりは受け身の姿勢を改めたほうが、解決に至ります。

 

むしろ旦那を驚かせたり、喜ばせたり。結婚して5年、10年経ったとしても、かわいいギャップでもう一度旦那の心をつかむことができるのです。

 

9.奥さまの髪型を変えてみる

4-9

見た目から気付いてもらうなら、髪型を変える方法は有効です。奥さまがいきなり髪型を変えれば、旦那は「どうしたの?」という理由を聞きたくなるかもしれません。もともと奥さまの髪型を気に入っていたとしたら、怒るかもしれません。このように旦那の興味をひくことが大切です。

 

いかに日常と違うことを演出できるかで、マンネリに陥りにくくなります。旦那は見た目が新しくなった奥さまと、改めて関係を持ちたいと思うかもしれません。おすすめできないのは、同じ髪型で数センチ切っただけ。男性はあまり細かいことは気が付きにくいためです。それに加えて奥さまが「なぜ気付かないの?」と責めてしまわないようにしましょう。

 

せっかく変えるならロングをショートに、ストレートをウェーブにというように、少し大胆なチェンジを試みてみましょう。年齢にもよりますが、いかにも”おばさん”じみた髪型だと、セックス対象外として見られてしまうことも。どんな髪型が似合うのかということを、美容師さんに相談しながら決めるとよいですね。髪形を変えると、洋服にも気を遣ったり、笑顔が増えたり。魅力的な奥さまになって、旦那のハートを射止めてみませんか。

 

10.出会った頃の懐かしい話をする

4-10

夫婦の共通の話題といえば、出会った頃の話ですね。または結婚式の時の話でもよいでしょう。「あの時はよかったね」「懐かしいね」というように、写真があればそれを見ながら話してみましょう。

 

セックスレスで会話がほとんどない場合は、日常の事務連絡だけで終わっていることも。奥さまにとっては、愛されているのだろうかという不信感が募る状況です。そのため、かつて愛されているということを実感できた過去に戻り、思い出を振り返る時間を取ってみましょう。

 

この目的は、懐かしい話題で盛り上がるだけではなく、旦那に奥さまとの初々しい時間を過ごしてきた過去から、ドキドキした感情を思い出させるというところにあります。そして奥さまは、旦那に「今でも同じくらい愛している」ということが伝えられればベストです。

 

会話もなく、仮面夫婦になってしまった場合は、旦那だけではなく奥さまにも原因があります。奥さまから、旦那に対するキモチをきちんと表現してこなかったことによって、夫婦のすれ違いが起きてしまったことも考えられます。「旦那がさっぱり求めてこなくて…」と悩むのであれば、さっぱり求めてこなくなった原因があるということが考えられます。もう一度旦那をその気にさせるなら、原点に戻るということも大切です。

 

11.一緒に恋愛映画を観る

4-11

恋愛映画は、夫婦の距離が近づくアイテムです。映画館でもよいですが、恋愛映画が上映されていないこともあります。そのためお家で過去の名作DVDなどを、まったりと鑑賞しましょう。

 

それぞれのストーリーを、自分たちに置き換えて観ることができるため、観たら感想を話し合うと興味深いですね。恋愛映画があまり得意ではない旦那もいるかもしれませんが、主人公たちのドキドキなシーンを観て、「したい気分」をかきたてられることも。「そういえばこんなキモチ最近味わっていないな…」ということがわかれば、旦那も奥さまを誘いたくなるかもしれません。

 

セックスレスは、ただすれば解消するというのではなく、夫婦のキモチがとても重要です。誘われてもキモチのつながりが持てなければ、あまり意味がありません。最初からAVを観るのではなく、恋愛映画で心の距離を縮めることに意味があります。話し合いをするとケンカをしてしまうような夫婦でも、1つの作品を一緒に見ることで、自然に会話が生まれるでしょう。旦那がセックスしてくれない状況の解消のきっかけに考えてみてはいかがでしょうか。

 

12.一緒にアルコールを飲む

4-12

時にはお酒の力を借りることも大切です。旦那がセックスしてくれない原因が、仕事のストレスにある時は、お酒を飲んで普段言えない愚痴を聞いてもらうだけで、心が楽になるはずです。プライドの高い旦那は、奥さまに弱みを見せたくないと思っています。奥さまのほうはこのことにいち早く気付いて、愚痴を言える環境を作ってあげましょう。

 

旦那は今まで「男は我慢するべき」「愚痴を言ったら情けない」というように思っていたかもしれません。そういったストレスを抱えていたら、家で話しても良いということを、奥さまは伝えましょう。仕事ができる男性でも、心のケアは重要です。

 

愚痴を聞く際は、「あなたならこうするべき」というアドバイスはせず、「大変だったね」と同情してあげるだけで構いません。とにかく相手にしゃべらせることです。心が軽くなればストレスが減りますので、夫婦の話し合いもスムーズになるでしょう。さらにお酒の酔いで一緒にベッドインという、自然な流れができます。

 

13.奥さまから「したい」ことを伝える

4-13

女性から誘うのは恥ずかしいなど、ためらってしまうこともあるでしょう。しかし、旦那がセックスしてくれなくなってしまった原因に、奥さまがあまり積極的ではなかったから、ということも考えられるのです。恋愛中は、男性から誘われて…ということでよかったかもしれませんが、長い結婚生活において奥さまからの誘いが全然ないと、旦那も自分から誘わなくなってしまうことも。

 

旦那がセックスしてくれなくても実は奥さまのほうが「したい」と考えているのであれば、ぜひそのことを言葉で伝えましょう。男性は言わないことはわからない、言わないことはないものとして考えがちです。女性のように、雰囲気を察して…何かをすることはあまり得意ではないのです。

 

誘ったことがない場合は、旦那に気が付いてもらうことが先決と考え、思い切って自分から言いましょう。またセックスを、夫婦で一緒に楽しむ時間として考えれば、誘うのは奥さまからでもよいわけです。仕事で忙しい旦那を持ち、寂しいのに我慢して言わないほうが、奥さまにとってはストレスになってしまうでしょう。

 

14.時には家ではなくラブホに行く

4-14

https://pixabay.com/photo-635247/

部屋の模様替えにチャレンジしたけれど、あまり上手くいかない場合やネタが尽きたと考えられる場合は、恋人時代に戻ってラブホテルに行ってしまうのも手。ムード作りもされていて、しかも家とは違い、非日常的な雰囲気のはずです。

 

ラブホに行く前に、恋愛映画などを鑑賞し、夫婦でコミュニケーションを深めておくとよいでしょう。また子どもがいる場合は、親に面倒を見てもらうことを遠慮しないほうがベターです。子どもがいて落ち着かない日常から離れたほうが、心身ともに楽になれて、夫婦関係の軌道修正がしやすくなります。普段はパパやママでなければならないものの、この時は恋人時代のひとときを楽しむことができることでしょう。

 

15.よい香りの香水を付け、お風呂は別で

4-15

香りで旦那を本気にさせることもできます。女性の身体の香りは、本人が気付かなくても、男性からするといい香りであることも。寝る前に旦那を誘うような香りを身にまとうことで、本能的に誘われやすくなるでしょう。先ほど、部屋の模様替えをしてお香を、という話もお伝えしましたが、自分の身体の香りにも気を配るとさらなる効果が。

 

結婚をすると日常のマンネリを、あらゆるところで感じやすくなりますが、匂いもそのひとつです。そのため、部屋に足を踏み入れた瞬間、ベッドに入った瞬間など、それぞれのシーンにおいて、「いつもと違う」ということを感じると、非日常を味わえてセックスレスのリセットに。

関連記事→香水で旦那がセックスに積極的になった経緯をお話します
(当ブログで1番反響の多い人気記事です!)

 

香りをまとうシーンは、あまり旦那に見せないほうがよいでしょう。相手にわかってしまうと、自然な流れができにくくなるからです。このことから考えると、お風呂に一緒に入ることが日常になっている人は、お風呂は別々に入るようにしたほうが効果的です。日常で奥さまのすべてを見慣れてしまうと、トキメキもなくなってしまいます。

 

奥さまのほうも、旦那の前で恥ずかしげもなく着替えることを控えます。見せるべき時、そうではない時のメリハリを意識し、緊張感を持って過ごしましょう。

 

まとめ

ラブラブムードが欠如していて旦那がセックスしてくれない場合は、恋人時代のトキメキを思い出すことが大切です。共通の話題を作るため、恋愛映画を観て気分を盛り上げるのもおすすめです。旦那に頼ったり、甘えたりすることは旦那にとっても、うれしいことです。奥さまから積極的な愛情表現を待っているのかもしれません。旦那の良き相談相手になり、精神的な支えが功を成すことも。日々の感謝も忘れず、良好な関係を築けるよう努力することをおすすめします。

旦那がセックスしてくれない理由(旦那側)10個

旦那がセックスしてくれない原因にはいくつかありますが、今回は旦那側の理由によるものをご紹介します。セックスレスは、繊細な問題だけに旦那の理由がわかりにくく、不信につながることも。旦那がセックスをしたがらない、本当の理由に迫ってみました。

続きを読む

旦那がセックスしてくれない理由(あなた側)7つ

旦那がセックスしてくれない原因は、奥さまにもあります。しかし奥さまからすると、「そんなこと知らなかった」という現実も。どのような原因があるのか知ることで、セックスレスに陥りにくく、良好な夫婦関係も築けるでしょう。参考にしてみて下さいね。

続きを読む

旦那がセックスしてくれない時にしてはいけない事10個

セックスレスをますます深刻にしてしまうのが、その時にタブーなことをしてしまうこと。

 

奥さまの言動が原因で、旦那がセックスしてくれなくなっているかもしれません。タブーになってしまうことを頭に入れておき、以前のように幸せな夫婦関係を取り戻したいという奥さまに、してはいけないことをご紹介します。

 

[関連記事]
旦那がセックスに積極的になった経緯をお話します
(当ブログで1番反響の多い人気記事です!)

続きを読む

ラブホテルに学ぶ夫がセックスしたくなる部屋

昔、夫にラブホテルに行こうと誘われた事があります。

 

 

あの時のアグレッシブさはどこへやら。。

 

 

そんなラブホテルも今ではブティックホテルなどと呼ばれて

 

 

オシャレなホテルとして売り出しているようですね。

続きを読む

男女の脳の違いから分かる、子どもを欲しがらない夫の心理

子どもが欲しい!と思っても夫にその気が無い。

 

そんな夫婦が多いと思います。かくいううちもその典型でした。

 

子どもがどうしても欲しかった私は書籍や雑誌を読み漁り、夫が子どもが欲しくないという理由はじつは男女の脳の違いにあったという事が分かったのです。

続きを読む

夫が知りたいスローセックス

セックスレスの事でいろいろ調べてくると必ずと言っていいほど

話題に出てくるスローセックス

なんと無くゆっくりとしたセックスという事はわかるんだけど 実際はどんな事をするの?

非常に興味がある内容だったので図書館でこの本を借りみました。

続きを読む

手軽に使える夫がセックスしたくなるグッズ

突然ですが、アダルトグッズというとどんなイメージを持っていますか?
私はどうしてもエッチなビデオで出てくる、あんなものや、こんなもの
をどうしても想像してしまいます。

 

エッチなビデオで見るのならいいのですが
自分の家で妻と一緒に使うと思うと男の私でも結構引いてしまいます。。
でも使ってみたいという気持ちもあり、もっと自然なアダルトグッズ
いうなればヤンググッズぐらいな物ってないのだろうか

続きを読む