0年 0月 の投稿一覧

浮気しない夫の素顔

実は私の周りには浮気をしたことがないと言う男は一人もいませんでした。
その中で自分はまだ浮気をしたことがない、と言うのはなんだか気が引けました。

何故かというと、なんとなく暗黙の了解的に

 

浮気が出来る = 女性にモテル、度胸がある
浮気をしない = 女性にもてない、臆病

 

このようなイメージがあるためにオープンに浮気をしない事を語りあう事が無かったのです。
そこで、私はあまり親しくない30代の男性で、浮気をした事が無い人を探し
お互いになぜ浮気をしないのかを話し合う事にしました。
(浮気した事がない2人をここではAさんBさんとします)

 

男は浮気する生き物?

ここは意見が分かれましたが、浮気する可能性が誰にでもあるという事でした。

 

Aさん「私は妻が今まで付き合った中で一番素敵だと思っているので浮気はしない」
Bさん「すると思います。職場には素敵な女性が沢山いて私は理性でその誘惑をいつも退けてします」
  「Bさんに共感します、Aさんは今の奥さんよりも素敵な女性が現れたとしたら
どうなると思いますか?」
Aさん「それは現れて見ないと分からないけど、今のところそんな人はいないなぁ」

 

Aさんは付き合ってすぐに結婚し、まだ結婚してから3ヶ月も経っていないとの事でした。
ここでAさんは現在最良の奥さんと付き合っているから浮気は無いと言っています。
でも私は大多数はBさんのような人ではないかと思います。
そこでもう少しBさんについて掘り下げて話してみる事にしました。

 

Bさん「女性のいない職場でない限り、浮気の可能性はあると思います
一緒に難しい仕事をやり遂げた後の達成感や苦労を共有するような機会が
あればなおさらそう思います。」
  「Bさんはなぜ浮気をしないのですか」
Bさん「私は妻にうまく転がされているんですよ。職場の女性よりも私の事を理解してくれている
仕事のプレッシャーも性生活での私の好きな事も、肉体的にも精神的にも分かってくれています」

 

よく浮気するなんて最低だと言われますが、浮気は悪いことですが
普通の人の感情では浮気はしてしまうものなのだと思います。
むしろ浮気しない人は大きな性欲に負けず、理性の力と自らが打ち立てた決断の力で
それに負けないように日々努力をしているのだと感じました。
また、Bさんが浮気しないのはBさんだけではなく、奥さんの努力もあるのだと感じました。
私がこういう所がすごい!と思ったBさんの奥さん語録をメモしたのでご紹介します。

 

その人素敵な人なのねー(嫌味ではなく)

Bさんは、職場やお客さんでいいなと思う人がいると奥さんに話すそうです。
そうすると奥さんは怒鳴ったりせずに、興味深くその話を聞いて
どんなところがそう思うのかをフランクに聞いてくると言います。
男であれ女であれ、素敵な人をいいなと思うのは当たり前の事なのですが
それを言ってはいけない、思った事を無しにしようと思うと余計にフラストレーションが
たまってしまします。それを楽しく言い合える中が羨ましいと思いました。

 

誰も止める人はいないんだから

Bさんの奥さんは、いつでも浮気なんてしてもいいわよと言うそうです。
実際にそんな事をされたら悲しみ怒りまた悲しむ事になると思いますが
そう言われる事で逆に浮気が出来ないと言います。
これは、他人が浮気をしてはいけないと決定する事と
自分で浮気はしないと決定する事の違いによる納得感だと思います。
心理的にも、他の人に決められたことよりも
自分の意志で決めたことの方が守りやすいと言われています。
このように浮気しない夫には上手に浮気させない妻の存在があるのだと思いました。
確かに夫だけで浮気しない人もいるかもしれませんが、妻側がちゃんとフォローする事で
その盤石さが何倍も変わってくる事を、浮気されない妻は知っているのかもしれませんね。



浮気する夫の心理

なぜ夫は浮気をするのか?
それを知るためにはもっと夫の、いや男の心理を
知る必要があります。
私自身男ですが、普段何気なく感じている事を
あえて言葉にまとめてみると、はっと気づく事があります。

 

浮気する男は3タイプ

狩猟型

ワンナイトラブは典型的なこのタイプです。
一つの深い愛情をよりも、沢山の分かりやすい愛情を求めます。
その沢山の愛情は分かりやすいゴール、つまりセックスになります。
例えるなら、登山のように一度頂上まで登ったら、もうその山には興味が
無くなり次にどの山に登ろうか考えるのと一緒の感覚です。

 

密着型

妻の他に一人の愛人を作って、両方に同じだけ愛情を注ぎます。
本人にとって、本妻も愛人もどちらが欠けても成り立たない
とても大事な存在なのでいつもとても気を遣っています。
しかし、いつかその無理がたたって綻び始めるタイプです。

 

よろめき型

上の2つの例は極端な例ですが、このよろめき型は一般的なタイプです。
狩猟型のようにだれかれ構わずではなく、密着型のように2重生活を
送りながらでもなく、状況の中でよろめくようになんとなく浮気をします。

 

私がもしなるとしたら、きっとよろめき型でしょう(笑)
でも火の無い所に煙は立たぬと言いますが、一人で浮気は出来ません。
浮気される女性とはいったいどんな人物でしょうか?
それを知る事が、つまりは浮気の心理を知るための第一歩になると思います。

 

夫を奪う女性の正体

相手の女性を見てみて、なんでこんな女が!と
どうみても自分よりもセクシーでもなく可愛くもないような人が
浮気の相手だったなんて事良く聞きますよね。
その理由を聞いてみると。。。

 

・一緒にいてほっとする
・相手の方から積極的に誘ってきてくれる
・仕事上のストレスに共感してくれる
・口うるさくない

 

などなどいろいろありますが、要するに
夫が満たされていない所を上手に埋めてくれる女性が浮気相手になっているのです。
足りない栄養を与えてあげているのです。

 

殆どの場合、今の妻に満足していれば浮気をする事はありません。
※狩猟型の場合はまた別ですが。。
つまり、浮気されないためには夫が欲しがっている養分を与えてあげればいいだけです。
なんで女性からそんな事をしなきゃいけないんだ!って反感があるかもしれませんが
逆に考えると夫をコントロールできるのは妻の特権ですし、その結果家庭円満になり
その先、自分に愛情が注がれる事を考えればやってみる価値が大いにあると思います。

 

でも女性と違って夫は本当に自分の思っている不満や欲望を
妻に伝えるのが苦手です。それは弱みを人に見せたくないという男の心理が働いているからです。
では、最後にそんな見せたくない男の弱みを公開致しますので是非活用してみて下さい。

夫に必要な3つの養分

大人の男には「少年」「男」「大人」という3つの側面があります。
それぞれを上手に満たしてあげるだけで、夫はこれ以上ない幸福な気持ちになります。
少年の側面は妻がまるで母親のように自分の幸福を気遣い、幸せを願っていると思っていて
男の側面は自分が妻にとって唯一の性的対象だと思いたいと思っていて
大人の側面は妻が自分を認め、誇りにしていると思われたいと思っているのです。

 

「与えよ、されば与えられん」

 

どうにもならない浮気のループにはまってしまったら一度この言葉を思い出して下さい。